So-net無料ブログ作成
検索選択

500 Yen Yagi Antenna の Simulation (f / SWR / FB / Pattern 特性) (その2) [Antenna]

 今度はラジエタにマッチングユニットが付いた場合です。

条件としては、同じく自由空間で計算しています。

マッチングユニットが付いても、そこはバランとして働いているとすると、給電点はラジエタ・エレメントの中央になるはずです。
balun.jpg

なので、折り返されてくる方をそこにあるだけとして考えてワイヤを配置し、シミュレーションするとこんな結果です。

〔ワイヤの配置〕
wt View.jpg

セッティング
wt setting.jpg

インピーダンス特性〕
wt Z.jpg

こちらは前回との比較
compare Z.jpg
約 0.5MHz ほど同調周波数が低くなっています。
この状態でマッチングが取れれば良いわけです。
実測では、部屋の中で436MHz、VSWR 1.2 でした。 工作精度が高くないので、何かがずれているのかもしれません。

〔SWR 特性〕
wt SWR.jpg

〔FB 比〕
wt FB_Gain.jpg

〔Pattern〕
wt Far field.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: