So-net無料ブログ作成
検索選択

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その3、スプリアス測定) [HF]

 DRAKE TR-4C の送信動作確認でダミーロードからの漏れ電波をアンテナを繋いだスペアナで測定してみました。

〔測定条件〕
周波数: 7.030MHz
出力: 150W (パワー計では見ていないけど、前回確認時の結果から予測した値)
スペアナ: DSA815-TG
アンテナ: SteppIR 2 ele 40m オプション付き

① 無送信時 0Hz ~ 25MHz
かなり HF 帯にノイズがあるようです。 元は太陽光発電?
8282.jpg
② 無送信時 6.5MHz ~ 8.5MHz
やはりノイジーです。
8283.jpg
③ 無送信時 7.00MHz ~ 7.05MHz
帯域を絞っているのでノイズが減っています。
8284.jpg
④ 送信時 7.00MHz ~ 7.05MHz
7.03MHz にピークがありますが、周りに何かいますねぇ。 こりゃぁ.... 使えんかも。
8285.jpg
⑤ 送信時 5MHz ~ 25MHz
2次と3次の高調波を見ようとしたのですが、周りの都市雑音に紛れて見つかりませんね。
8287.jpg

ダミーロードに行く前に 20dB カップラーを付けて、さらに 10dB パッドを積み重ねて他の要因を消して図らないとダメですね。 今のところ、150W をスペアナの許容入力範囲へ落とすまでの 10dB パッドが足りません。
そのうちに準備しようと思います。
その前に、SG を使って各バンドの受信感度を調べてみようと思います。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

べっちゃん

憧れのドレイク!、羨ましいですね。
by べっちゃん (2017-08-31 10:05) 

ktm

べっちゃん 様
私も憧れの機械です。
この TR-4C はローカルの OM さんが入手されたのですが、動作確認をしている余裕がないという事で、代わりに動作確認をさせていただいています。
いろいろおかしいところは見つかっているのですが、それでも SSB の受信音は明瞭度も高く、さすがと感じさせます。
JR-599 を手に入れているので無理ですけど、夢としては伝説の R-4C も欲しくなってしまう音の良さです。
by ktm (2017-08-31 10:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。