So-net無料ブログ作成

The Bill Gates Jokebook [Other]

 本を断捨離していたら、こんな本が出てきた。

DSC05961.JPG
DSC05962.JPG
第1巻の巻頭には
This book is dedicated to all those who lost battles to Microsoft and to Bill Gates, for without him constantly sinking to new lows, I never would have completed this book,
そして、第2巻の巻頭には
This book is dedicated to the anonymous citizens of the internet, for without them, I would surely have run out of material.
中身は70年代後半から今までの PC 業界の歴史を知っていれば、冷めた笑いしか出てこないブラックジョークにあふれている。
読んでいて身につまされるモノも多い。

FT2D のファームウェア・アップデートをしてみました [VHF/UHF]

 FT2D のファームウェア・アップデートをしてみました。

アップデート前
DSC05951.JPG
アップデート後
DSC05985.JPG
電源を入れると、今までは一つのコールサインしか表示されませんでしたが、今回からは C4FM と APRS とそれぞれのコールサインが表示されるようになりました。
あとは何が変わったのか、おいおい見ていく事にします。
APRS の設定もしてみましたが、内容的には変化がありません。
アップデートにより、オールリセットがかかっているので、すべての設定もやり直しです。

FT2D ファームウェア・アップデート [VHF/UHF]

 FT2D にファームウェア・アップデートが発表された。

うちの FT2D のファームウェア・バージョンは最初期のバージョンであり、バージョンアップした方が良さそうではあるが、手順が非常に面倒。 Windows 10 に .NET を入れなければならい。
う~ん、やる気がそがれる手順だ。
ちょっと考えよう。

本の断捨離(その1) [Other]

 ゴミ屋敷部屋 本の断捨離(その1)です。

今までも山の本などを断捨離してきましたが、今度は主に Macintosh 関係をメインに、仕事で買った半導体テスト関係の本も断捨離します。

〔Macintosh 関係〕
DSC05875.JPG

DSC05885.JPG

DSC05920.JPG
Macintosh のプログラミングを解説してくれた貴重な雑誌。 これも持っている分をすべて断捨離する予定。
DSC05932.JPG
懐かしい APDA のカタログ。 ここから MPW と ATT 版を基にした C++ を購入し、MacApp サンプル・プログラムを一晩かけてコンパイルしたのは今は昔の話。 使っていたのが Macintosh Plus だったので、夜に起動して、朝、出勤前にようやくコンパイルが終わった。 MacApp で OOP を勉強し、苦労して理解できた時は望外の喜びだった。
DSC05940.JPG
手塚さんが懐かしい。 会社で Apple II を購入した時には説明に来てくれた。 いまから35年も昔の話。
DSC05884.JPG
これは宝物としてずっと持っていたもの。 これは断捨離出来ないかもしれない。
これには Apple II のすべてが詰まっている。 ROM のアセンブラ・ソースには
APPLE I I
SYSTEM MONITOR
COPYRIGHT 1977 BY
APPLE COMPUTER, INC.
ALL RIGHTS RESERVED
S. WOZNIAK
A. BAUM
と書かれている。 これに感動した。
さらには回路図、筐体の図面まである。 太っ腹。

〔PC 雑誌〕
DSC05889.JPG
BYTE 20周年記念号。
DSC05888.JPG
SUPER ASCII 最終号。

〔仕事関係〕
DSC05857.JPG
この他にも数冊を断捨離予定。 これは古書買い取り業者へ行く予定。

いろいろな物の断捨離 [Other]

 ゴミ屋敷となっている部屋の断捨離、続きです。

① Macintosh Apple KanjiTalk 6.0 Upgrade kit
DSC05847.JPG
DSC05853.JPG

② Macintosh Twentieth anniversary カタログ
DSC05845.JPG

③ 村上春樹 「あの金で何が買えたか」
DSC05846.JPG

④ Gigabit Ethernet card
DSC05850.JPG

JARL QRP Club 創立 60 周年記念 21MHz DSB トランシーバー Papper 60 [QRP]

 JARL QRP CLUB 創立60周年記念 21MHzDSBトランシーバー「JA Pepper 60」 キットが昨日届きました。

DSC05839.JPG
2つあるのは、一つは自分の分、あと一つは調整済み基板キット用に組み立てる分です。

部品は綺麗に分類されてパッケージ化されていました。
担当の方の思い入れのほどが良くわかります。
これ、袋詰めをしてみるとその大変さが良くわかるはずです。
DSC05840.JPG

2つ並べて組み立て開始です。
DSC05841.JPG

部品取り [Tool]

 ヤフオクでも売れなかった PC の拡張基板を捨てる事にしました。

それで良く見ると、基板に載っている水晶発振器、水晶発振子、3端子レギュレータは再利用できそうなので外してみました。
外したのはこれです。
DSC05842.JPG

外すのに活躍したのはこれ、「はんだシュッ太郎」です。
はんだ吸い取り機とはんだゴテを合体させたようなものです。
DSC05843.JPG

メーカーはサンハヤト。
http://www.sunhayato.co.jp/material2/index.php/item?id=986&cell003=%E6%B2%BB%E5%85%B7%E3%83%BB%E5%B7%A5%E5%85%B7%E8%A3%BD%E5%93%81&cell004=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%80%E9%96%A2%E9%80%A3%E7%94%A8%E5%93%81&name=%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%83%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%80%8045W%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%80%80HSK-200
HSK-200_03_L.jpg

シャックのスリム化 [Operation]

 シャックのスリム化を行いました。

固定局: メインのリグは K2 です。
移動局: 常置場所メインは FT-897D です。
     移動用メインは KX3 です。 常置場所では PX3 も追加
全体は
DSC05837.JPG
固定局は
DSC05838.JPG
移動局は
DSC05835.JPG

ちょっと机の上が狭くてメモ帳などが置きにくいですが、当面はこれで考えます。

懐かしい写真 [Other]

 自分の部屋がゴミ屋敷なため、いろいろと断捨離を始めています。

結婚してからずっと開けていなかったLPを入れたカラーボックスを開けたら、タイムカプセルのようなアルバムが出てきました。 自分でも全然覚えていないアルバムです。
そこには一浪している時に行った山の写真や大学山岳部の時の写真がありました。
プリントのカラーは飛んでいますが、感慨深いものがあります。
アルバムが古くて写真を剥がしにくいので、スマホで撮った写真を載せておきます。
服装や装備に時代を感じさせますよね。
ピッケルはウッド・シャフトだし。
IMAG0514_scr.JPG
大学3年の時の5月合宿だと思う。
IMAG0515_scr.JPG
同じく夏の合宿、剣岳八つ峰
IMAG0516_scr.JPG
同じく八つ峰6峰Cフェースの取り付きだと思う。
IMAG0518_scr.JPG
真砂沢の幕営地?
IMAG0519_scr.JPG
冬合宿の下山
IMAG0520_scr.JPG
白馬村栂池
IMAG0521_scr.JPG
天狗原
IMAG0522_scr.JPG
5月合宿 雪訓

OpenTracker USB の設定 [APRS]

 無線用 PC を使って、OpenTracker USB の設定をしてみました。

USB で繋げた設定画面
setting.jpg
明日は、これに FT-897D を繋いで動作の確認をしてみようと思います。

OpenTracker USB の電源コード [APRS]

 先日購入した OpenTracker USB Bundle の電源コードはシガレット・ライターだったので、シガージャック(シガーソケット コード付き)を買って、繋いでみました。

シガレット・ライターとシガージャック
DSC05817.JPG
組み合わせると
DSC05818.JPG 
シガージャックには、矢型プラグを取り付けました。
DSC05819.JPG
後日、電源分電盤を用意して、DC 電源を分電できるようにする予定です。

KX3 2m Transverter オプションで QRH を経験 [K2]

 KX3 で 2m Transverter オプションを使うと、何度か QRH を指摘されました。

今日も、試していると、やはり受信トーンが少しふらついた後で、安定します。
何が原因なのかははっきりしませんが、少しウォームアップしてから使う方が良いのかもしれません。
ちょっとネットで検索してみようと思います。



FT-891 HF/50MHz トランシーバー [HF]

 今朝になり、いろいろなところからFT-891の情報が出回り始めました。

でも、144と430は省かれてしまった様で、英語のコメントには先祖返りと揶揄するものもありました。
http://yaesuft817.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/FT-891_Test_Report_CSR.pdf


ハナミズキが咲き始めました [Other]

 今年も庭のハナミズキが咲き始めました。

DSC05814.JPG
DSC05815.JPG
DSC05816.JPG

Radio Shield 2 for Arduino が届きました [Arduino]

 Argent Data Systems から Radio Shield 2 for Arduino が届きました。

DSC05792.JPG
あまり詳しい説明が無いのですが、Arduino を使って APRS のパケット送受信ができるようです。
詳細はまだよく理解していません。 (+_+)
これからサポート・ページを良く読んでみます。

OpenTracker USB が届きました [APRS]

 Argent Data Systems から OpenTracker USB が届きました。

本体
DSC05791.JPG
バンドル品の内容
DSC05790.JPG
GPS レシーバーとリグの接続コードがあります。

これは、説明に Telemetry 機能があったので、買ってみました。
では、何を付けるかですけど、Arduino 用に買った「温湿度・気圧センサモジュール」を付けてみようかと。
リグの接続コードに miniDIN を指定したので FT-897D にそのまま繋がるはずです。
ただし、電源にはシガレット・ライター用が付いてきていますので、これを外して普通の電源コネクタに換えるつもりです。

DVMEGA が届きました [Digital Mode]

 WiMo GmbH から DVMEGA が届きました。

こんな箱で届きました。
DSC05786.JPG
中身はこれ。
DSC05789.JPG
これは 9600bps のモデム・チップが載った Arduino のシールドで、Arduino と組み合わせてファームウェアをダウンロードする事により、モデムを構成できます。
ブロックダイアグラムはこんな様になるそうです。
GMSK_set.jpg
ちょっとずつ試していこうと思います。

今日は大菩薩峠へ行ってきました [Other]

 今日は大菩薩峠へ行ってきました。

image.jpeg
image.png
帰りには慈雲寺に寄って、イトザクラを見てきましたが、既に終わっていました。残念。
image.jpeg

昨日はお花見移動運用 [Operation]

 昨日はローカルのアマチュア無線クラブで恒例のお花見移動運用をしてきました。

昨年は天候不順で中止となり、今年も先週の予定日がやはり天候不順で中止となったため、急遽、昨日の実施となりました。
昨日は、FT-897D と KX3 を持って参加。 アンテナは新戦力の ATX-MK II を試してみました。
IMAG0505_scr.JPG
10MHz と 21MHz で指定された条件でアンテナをセットすると、KX3 の ATU で SWR が 1.2 ~ 1.5 に落ち、良く信号を受信できました。

ローカルの OM さんは K2 と End Fed Half Wave のアンテナで運用されていました。
IMAG0508_scr.JPG

こちらは受信している様子です。
308675_1460269637.jpg

Compact light weight 10 m 30 ft mast を立ててみました [Antenna]

 先日届いた Compact light weight 10 m 30 ft mast をとなりの公園で立ててみました。

Light Weight と言いながら、測ってみたら 1.3kg ありました。
これと KX3、EFHW アンテナ、カウンターポイズ、固定用のペグ一式などを入れると、合計で 3kg くらいになりそうです。 山で使うには少し重いので、近場での運用時に使う事を考えます。
DSC05770.JPG
DSC05771.JPG
次は実際に、以前作った EFHW アンテナを載せてみたいと思います。
それまでには以前に作ったチューナーより小型軽量の Mountain End-fed Half-wave Tuner 40-17m を作って、2つのチューナーの違いも確認してみたいと思います。

SOTABeams からマストやアンテナグッズが届いた [Antenna]

 SOTABeams からマストやアンテナグッズが届きました。

今回の目玉は Compact light weight 10 m 30 ft mast です。
今までは 5m の物しか持っていなかったので、これで少し高く上げる事が出来ます。 でも重い。 測ったら 1.3kg でした。
梱包されてきたところ
DSC05757.JPG
開けると
DSC05758.JPG
中身は
DSC05759.JPG
色はグレーでした。

その他のアンテナ関係グッズ
DSC05756.JPG

マストのケース
DSC05760.JPG
10m マスト用ステー
DSC05761.JPG
ストックをポールにするステー
DSC05762.JPG
Antenna Wire Winders
DSC05763.JPG
カウンターポイズの巻取り用にワインダーだけ買いました。
"Invisible" Antenna Hardware
DSC05764.JPG
透明なダイポール・センター器具、末端器具、タイラップのセットとフィーダー用のスペーサー、マストへケーブルを取り付ける器具です。
電源コネクタ
DSC05765.JPG
軽量な EFHW アンテナ用チューナー
DSC05767.JPG
アンテナ線の末端に入れて使います。
SOTA のワッペン
DSC05768.JPG
SOTA のバッジ
DSC05769.JPG
SOTA の旗も頼んだのですが、こちらは在庫切れのため、入荷、連絡待ちとなっています。
未だ、SOTA 運用も出来ていないのにグッズだけは揃えてしまっています。


日本製の小型コンピュータボードで Android を動かすワーキンググーループ [Android]

 日本製の小型コンピュータボードで Android を動かすワーキンググーループが日本 Android の会にできたようです。

詳しくはこちらを。
http://osawg.android-group.jp/
Raspberry Pi のようなムーブメントになってくれると良いなぁ。
期待しよう。

K2 の故郷 [K2]

 Facebook のグループでエレクトロデザイン 木下さんのブログが紹介されていました。

見てみると、K2 開発段階の事とかが載っており、興味深かったです。
http://edcjp.sblo.jp/article/174701961.html
開発が 1998 年ですから、もう既に 18 年も前の設計なんですね。
でも、今でもその受信能力の高さは定評があります。
作って良かった。
DSC05548.JPG

リグの断捨離(その1) [Operation]

 リグの断捨離(その1)です。

リグが増えてきているので、まわりのプレッシャーもあり、リグを断捨離します。 その1回目です。
物は、IC-706 MK II です。 HF/50/144MHz に QRV できるモデルです。
〔外観〕
DSC05749.JPG
まだ綺麗です。

〔オプション〕
CW ナロー・フィルター
DSC05741.JPG
DSC05742.JPG
350Hz のフィルターです。

高安定発信ユニット
DSC05747.JPG
DSC05748.JPG
これでデジモードを動かしました。

〔リグにまつわる思い出〕
デジモードのインターフェースを自作して、繋げた事です。

〔現状〕
一度、出力が不安定で修理に出したのですが、症状再現せずで返ってきました。
ところが、試しに 14MHz でパワーを確認したところ、50W メーカー改造機なのにパワーメーターで 15W 程度しか出ません。
やはり何かトラブルを抱えているのかもしれません。