So-net無料ブログ作成

合格通知が来ました [Operation]

 今日、帰宅したら日本無線協会から葉書が来ていました。

3枚綴りを開けてみたら、合格の文字。 良かったです。 一安心。
goukaku.jpg
次は、2アマ 従事者免許の申請です。

こんなにアマチュア無線関係のプロジェクトが紹介されています [Arduino]

 The DX zone には、こんなにアマチュア無線関係のプロジェクトが紹介されています。

http://www.dxzone.com/catalog/Technical_Reference/Arduino/
一部を紹介すると
・Arduino as an SDR
 Setting up the Arduino DUE to run as an SDR software defined radio
・Antenna analyzer with Arduino
 HF Antenna analyzer with Arduino Nano, open software has also become a commercial product
・SWR / Wattmeter with Arduino Uno Shield
 SWR / Wattmeter with Arduino Uno Shield. It can measure from 2 to 200 watt and SWR for HF Ham radio.
・RF PWR and SWR Meter with Arduino
 This sketch will read RF power and SWR from any SWR bridge, designed to work on VHF UHF bands
・Arduino QRP transceiver
 An HF QRP CW RTX built around the Arduino open-source electronics prototyping platform
・Arduino antenna tuner
 This project describes an ARDUINO based automatic antenna tuner, for an end-fed half wave (EFHW) antenna, working on 20 & 40 meter bands
・Arduino HF Transceiver
 Developing a HF transceiver around an Arduino by YO9IRF
・VK3YY Antenna Analyser Project
 An home made antenna analyzer made with Arduino Nano
・Ham Radio Arduino Projects
 Ham Radio applications with the Arduino micro-controller presentation by W8DER
・Arduino CW Keyer
 Open source Arduino based CW (Morse Code) keyer with a lot of features and flexibility, often rivaling commercial keyers.
・DDS VFO using Arduino
 A DDS VFO using the Arduino Uno platform
・Azimuth and elevation rotor with Arduino
 An cheap homemade azimuth and elevation rotation system using an Arduino/AVR.
・AFSK TNC with Arduino
 Cheap AFSK TNC, APRS for everyone with arduino, BeRTOS and a STM32F100 chip by OM5AMX
・Arduino automatic antenna tuner
 Controlling an antenna tuner with an arduino board. The project includes movies, explanation and the arduino code

他にもまだまだあります。 スゴイなぁ。

クリップ式アンテナ基台 MCR-II と RH770 [VHF/UHF]

 RH770 を釣り竿ポールに括り付けて使う場合、固定が問題です。

それでクリップ式のアンテナ基台 MCR-Ⅱを導入しました。
延長用同軸ケーブルとクリップ式アンテナ基台
DSC06106.JPG
アンテナ基台の拡大
DSC06107.JPG
釣り竿ポールに取り付け見ると
DSC06109.JPG
風が強くなければクリップの保持力で何とか行けそうです。
取説には付けるアンテナの長さが50cm以下、重量80g以下と RH770 のスペックをオーバーしています。 RH770 は全長93cm、重量85gです。
また、ノンラジアル・タイプを使えとの指示があり、それは満たしているのですが、長さが倍近いです。
でも、付けてみると何とか行けそうな感じです。
釣り竿ポールのベースは、パラソルの固定治具を流用しています。
DSC06111.JPG
足をペグで固定すればある程度の風にも耐えてくれそうです。

台風対策をしました [Other]

 台風10号が近づいてきているので、台風対策をしてみました。

JTWCによると
wp1216.gif
やばそうです。
気象庁のデータでも、中心気圧 945hPa、中心付近の最大風速 45m/s(85kt)、最大瞬間風速 60m/s(120kt)、25m/s以上の暴風域 全域 110km(60NM) です。
それで前回の台風の事もあり、アンテナのエレメントが壊れても落ちないようにロープでルーフタワーに固定しました。 タワーごと落ちたら JARL の保険でカバーするしかありませんけど。
DSC06108.JPG
くるなよ~。

屋根に上がったついでにルーフタワーを点検してみたら、ステーが少し伸びてきているのとターンバックルのネジ部に錆が出てきています。 そのうちに交換しないといけないようです。

1.5D-2V と BNC コネクタの半田付け [Other]

 RH770 を釣り竿ポールに括り付けて使うには長い同軸ケーブルが必要なので、作る事にしました。

今回は 5m の釣り竿ポールの上部に付ける前提で、垂直部で 4m、垂らしたところからハンディ機までを余裕を見て 3m と考えて 7m のケーブルを作る事にしました。
で、久しぶりに 1.5D-2V と BNC コネクタの半田付けをしようと思ったらすっかり忘れていたので、メモを作っておく事にしました。

① 同軸ケーブルにナットとワッシャ、ガスケットを通す
DSC06100.JPG
② 同軸ケーブルの外皮を 12mm の長さで取り除き、クランプを通す
DSC06101.JPG
③ 網線をほぐして、クランプに沿わせ、カットする
DSC06102.JPG
この時、網線を綺麗にほぐして、伸ばし、クランプに綺麗に沿わせないといけません。
④ 絶縁体を 3mm の長さを残して取り除き、中心導体を半田メッキしてからテフロンのスリーブを通し、3mm ほど残して中心導体をカットしてから中心のコンタクトを半田付けする
DSC06103.JPG
⑤ コネクタ本体のスリットを 10mm のスパナで固定し、ナットを締め付ける
DSC06104.JPG
この時、規定トルクで締め付けないといけませんが、トルクレンチが無いので締めすぎに注意しながら適当に締めていきます。
以上で取り付け完了です。

町田 サトー電気の反対側が.... [Other]

 今日、部品を買いに町田のサトー電気へ行ったら、周りの景色が激変しており、お店の場所を間違えるところでした。

ビックリ!
サトー電気の向かい側.jpg

移動用に BNC 接栓の RH770 を購入しました [VHF/UHF]

 登山するアマチュア無線家の ML などで評価の高い、RH770 を購入しました。

ノンラジアルのため、アースを気にする必要がありません。
またロッドアンテナの様に伸縮式のため、収縮時 22.3cm で展開時に 93cm となります。
これを釣り竿ポールの先に固定して、ハンディ機と接続するとかなり使えるようです。

次回の防災訓練の時には、この構成を試してみるつもりです。
DSC06098.JPG

台風一過、アンテナは無事でした [Other]

 台風9号が通り過ぎ、地域に出ていた避難勧告も解除されました。

そこでアンテナの点検をしました。
まず、45度ずつ回転させて、様子をみます。 何事もなく動いてくれたのでほっと胸をなでおろしました。
台風からの強風の中ではエレメントが信じられないくらいにしなっていましたので。
次に、リトラクトしていた SteppIR のエレメントを少しずつ伸ばして動作確認です。
リグの SWR メーターで問題が無い事を確認しながらバンドを下へ切り替えていき、無事に 7MHz まで動作確認が出来ました。 これで一安心です。
久しぶりに K2 で 7MHz を聞いていますが、けっこう皆さん出てますね。

アンテナ点検中
DSC06093.JPG

きれいな夕日
DSC06089.JPG

夕日の大山
DSC06095.JPG

QRP 入門ハンドブックが JARL QRP クラブから届きました [QRP]

 今日、ドネーションを払っていたので、QRP 入門ハンドブックが JARL QRP クラブから届きました。

なかなかの労作です。

編集に携わった皆さま、どうもご苦労様でした。
今までリグの作成にばっかり時間を使ってきましたが、これからは時間を作って運用にも取り組んでいこうと思います。
まずは、以前に買ってきたテレビ・フィーダーでハーフサイズの G5RV アンテナを作って移動運用のアンテナを自作してみようと思います。
あぁ、また作るところからになってしまう....

E=mc^2 [Other]

 ヒロシマの本を読んだので、去年、ライト・パターソン空軍基地にある国立空軍博物館で見たリトル・ボーイとファット・マンを思い出しました。

リトル・ボーイ
DSC04929_scr.JPG
ファット・マン
DSC04930_scr.JPG
B-29 と比べてもそんなに大きくない、こんな爆弾1発でヒロシマとナガサキが灰燼に帰したのかと思うと、アインシュタインの E=mc^2 という式の凄さがひしひしと感じられます。
式そのものはとても美しく、エレガントですがその裏に隠された邪悪な物を見た気がします。
Wikipedia によれば、ヒロシマでは使われたウラン235 50kg のうち、エネルギーに変わった分の質量はわずか 0.7g 程度だったそうです。
物理学者や数学者は美しい式を追い求めますが、つねにその裏には何かあるのではと思ってしまいます。

先の本によれば、ミハイル・ゴルバチョフは
「この街に来ると、政治と道義が分離することがいかに恐ろしいことかを意識する。」
と基調演説で語ったそうです。

お盆も過ぎたので、ちょっとだけ今年の振り返り [Other]

 毎年、年末にはその年の振り返りと来年の目標を書いています。

お盆も過ぎたので、ちょっとだけ今年の振り返りをしておこうと思います。

昨年末には、今年の目標としてこんな事を書いていました。
③ 来年にしたい事
 1.和文電信コードを憶え、和文QSOをする
 2.縦ブレ電鍵(ストレート・キー)での送信操作を憶える
 3.20WPM での欧文平文 CW 受信が出来るようになる
 4.Arduino SWR scanner の作成
 5.Arduino と FPGA を組み合わせたシールドを作る
   (ATS-4B、MTR に PSK31 の外付けエンコーダ・デコーダを作る)
 6.フルディジタル・トランシーバ TRX-305 の完成
 7.エレクラフト KX3 の完成
 8.北アルプスを含むいろいろな山からQRV
 9.FT-897D で APRS の固定局運用を実現する(1200/9600bps)
 10.国内 上級クラスの取得
 11.未完成品の削減

この中で、今のところ出来たのは
 7.エレクラフト KX3 の完成
だけです。
先日、2アマを受験してきたので、何とか
 10.国内 上級クラスの取得
が達成できればと思います。
そして
 1.和文電信コードを憶え、和文QSOをする
の和文電信コードを憶えるにもそろそろ取り掛かろうかと思います。
その分、ハード関係はちょっと優先順位が下がりそうです。
年末までに和文電信コートを憶えられたら、来年はローカル・クラブで行っている和文ロールコールでクラブの皆さんと交信したいと思っています。
さらに悪乗りして、和文電信コードは縦ぶれキーを使って憶えようと思うので、うまく縦ぶれキーが憶えられたら、年明けの ARRL ストレート・キー・ナイトにも出てみたいという無謀な夢も....
叶うかなぁ.... 頑張ろう。

こんな本を読みました [Other]

 こんな本を読みました。


ゲバラやカストロがヒロシマに来ていたなんて知らなかった。
ペレやマリリン・モンロー、ジミー・ペイジも。
エリツィン、ゴルバチョフも。
ホセ・ムヒカも。
みんな来てたんだね。

昨日はここに行ってました [Other]

 昨日は皆さんご存知のここに行っていました。

2-ama.jpg
帰ってからの自己採点ではたぶん大丈夫だったはず。
来週火曜日の夕方にはネットに回答が出るらしいので、そちらでも採点をしてみるつもりです。
取れると良いなぁ。

今日は夏休みラジオ工作教室の手伝いに来ています [Other]

 今日は市と地域FM局アマチュア無線クラブ、職域アマチュア無線クラブ合同の夏休みラジオ工作教室の手伝いに来ています。
1-.jpg
2-.jpg
参加された方全員が無事にAM/FMラジオを完成されて帰られたので一安心でした。