So-net無料ブログ作成

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その6、SSB 送信動作) [HF]

 DRAKE TR-4C の送信動作確認、その6です。

マイク変換ケーブルに電源を追加できたので、SSB 送信動作を確認してみました。
前回同様に PA のチューニングを行い、キャリヤの送信電力が数W程度になるようにして PTT スイッチで送信してみました。
ダミーロードから漏れる電波を FT-897D でモニターしていると綺麗に変調がかかった信号を確認できます。取り敢えず、7MHz だけですが、SSB の送信がちゃんと出来ている事が確認できました。
他バンドの SSB 送信動作確認は、Two Tone Generator をシングルトーンで動かして Peak 電力が見れる形にして確認してみたいと思います。
そのままの状態で VOX が動作しており、取説に従って VOX の VR を調整できましたが、ANTIVOX の VR は動かしても動作の変化が良く分からず、取り敢えず初期設定位置に戻しておきました。
また、意図せずに送信されても困るので、VOX の VR を絞って VOX 動作を止めておきました。
これで PTT 信号が入らないと送信されることはなくなります。
VOX については、あとで Wavegen を動かして PC のスピーカーからシングルトーンをマイクに入れて VOX の設定を再度試してみようかと思います。
7MHz だけですけど、これで CW と SSB の送信は確認できました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DREAK TR-4C のマイク変換ケーブルに電源ラインを追加しました [HF]

 DREAK TR-4C のマイク変換ケーブルに電源ラインを追加しました。

こんな感じです。
〔プラス側〕
DSC06559.JPG
〔マイナス側〕
DSC06562.JPG
5V の電源を繋いで出力をキットのオシロで見てみたのですが、一応、信号は出ているようです。
あとで DREAK TR-4C に繋いで動作を確認してみます。
ここで不思議な事、5番ピンが何故かグランドに落ちています。前の回路図では、何かの制御回路に繋がっていたんですけど、良いのかなと思案中です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KX2 on sherwood receiver test table [HF]

 久しぶりに sherwood receiver test を覗いてみました。KX2 の順位が気になったからです。

この順位は
Sorted by Third-Order Dynamic Range Narrow Spaced - or- ARRL RMDR (Reciprocal Mixing Dynamic Range) if Phase Noise Limited
で並べた時の順位です。
で、40位までの結果です。
1) FlexRadio Systems 6700 Hardware Updated -118
2) Elecraft K3S -135
3) Elecraft K3S 2nd Sample 10 meter data -135
4) Elecraft K3 (RX Gain Recal) New Synthesizer -136
5) Icom IC-7851 -123
6) Hilberling PT-8000A Hardware Rev 2.00 -128
7) Elecraft KX3 -123
8) Yaesu FTdx-5000D -123
9) Elecraft K3 -130
10) Apache ANAN-200D Tested 12/15/2015 -133
11) Perseus -123
12) FlexRadio Systems 6700 2nd Sample 10 meters -116
13) FlexRadio Systems FLEX-5000A -123
14) Ten-Tec Orion II -125
15) Icom IC-7300 -133
16) Ten-Tec Orion -127
17) Kenwood TS-590SG Down Conversion Mode -127
18) Ten-Tec Argonaut VI -125
19) Ten-Tec Eagle -124
20) FlexRadio Systems FLEX-3000 -123
21) FlexRadio Systems 6300 Preamp Updated -117
22) Kenwood TS-590S on 20 meters Down-conversion Mode -128
23) FlexRadio Systems FLEX-1500 -112to-116
24) Kenwood TS-990S on 20 meters 15 & 12 meters RMDR varies by band -127
25) Elecraft KX2 -123
26) Icom R9500 -127
27) Drake R-4C/CF-600/6 -138
28) Yaesu FTdx-3000 -127
29) AOR AR-7030 -122
30) Icom IC-765 -134
31) Icom IC-703+ -126a
32) Atlas 350-XL -131
33) Kenwood TS-830/YK88 -129
34) Ten-Tec Omni VII -130
35) Icom IC-7800 -126
36) Elecraft K2 s/n:3170 -129
37) Ten-Tec Omni VI+
38) Yaesu 901-DM -135
39) Yaesu FT-950 -120
40) Collins R-390A -137
後の数字は Noise Floor (dBm) の1行目です。青字は所有している機械、赤字は気になった機械
前に調べた時の結果と比べると
3位に Elecraft K3S 2nd Sample 10 meter data が入ってきています。
10位に Apache ANAN-200D が入ってきています。これも SDR トランシーバーです。
12位に FlexRadio Systems 6700 2nd Sample 10 meters が入ってきています。
でも、FlexRadio Systems 6700 Hardware Updated は相変わらず、不動の1位です。
で、気になった KX2 は25位でした。上位に食い込んでいると思ってたので、ちょっと意外です。
前回31位の K2 は36位でした。
コリンズの R-390A が40位にいるのもビックリです。Wiki によれば、この機械の量産開始は1955年です。もう直ぐ63年も前です。やはり名機ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その5、SSB 送信動作) [HF]

 暫らくぶりの DRAKE TR-4C です。

マイクと変換ケーブルをお借りできたので、SSB モードでの送信ができるかを確認してみました。
結果、SSB モードでの送信は出来ませんでした。正確には変調をかけられませんでした。
状況をメモしておくと、
〔事前準備〕
① TR-4C に変換ケーブルを使って、YAESU MH-14D8 を接続
② TR-4C にアンテナを繋ぎ、7MHz を受信して受信が出来ている事を確認
③ TR-4C からアンテナを外し、ダミーロードを接続
④ TR-4C を 7MHz で終段チューニングを実施
⑤ K2 を使って 7MHz をワッチ
〔SSB 送信〕
① VOX と ANTIVOX を指示通りに設定
② PTT スイッチを押して、マイクに音を入れる
③ K2 で何も受信できず、微かにキャリア漏れを受信(送信は出来ている模様)
④ バンドを 14MHz に変更し、USB でも送信を試す
⑤ K2 でキャリア漏れを受信(これも問題ではあるが...送信は出来ている模様)
結論として、SSB の変調出力は確認されませんでした。
〔想定原因〕
① マイクが不良
② マイク・アンプが不良
② のチェックは本体を開けないといけないので、① を検討
〔マイクの確認〕
使っているマイクは YAESU の MH-14D8 です。
で、ググってみると端子のピン配置が見つかりました。
 PIN 1 UP
 PIN 2 +5 VOLTS
 PIN 3 DOWN
 PIN 4 SPEAKER
 PIN 5 CPU/TONE SWITCH
 PIN 6 PTT
 PIN 7 GROUND
 PIN 8 MIC
さらにググってみると写真が見つかりました。
MH-14D8_表2.jpg
MH014D8_裏2.jpg
しっかりコンデンサー・マイクロフォンと書かれています。
さらにこのマイクを使ったリグの取説が見つかり、リグ側の回路図が分かりました。
マイク・コネクタを見てみると
MH-14D8_コネクタ2.jpg
しっかり 5V が供給されています。
そんな電圧は DREAK TR-4C からは出ていません。
よってマイクからの出力は DREAK TR-4C には入っていないことになります。

さて、ここで思案中。
MH-14D8 を動かすにはどうにか 5V を供給する必要があります。
手持ちの中で電源不要のダイナミック・マイクでハイ・インピーダンスのマイクは K2 用に買った KENWOOD の MC-60 だけです。
ところがピン配置が全然異なります。(´;ω;`)
Two Tone Generator の出力端子は RCA 端子なので手持ちの 8Pin コネクタに PTT スイッチと一緒に配線すれば繋ぐ事は出来ます。
どっちにしても半田付けは避けて通れないので、どうするか思案中です。
あとの事を考えると、Two Tone Generator を繋ぐケーブルを作りますかね。

それと 14MHz でのキャリア漏れも問題です。
やはり Two Tone Generator のケーブルを作ってリニアリティを見ると同時にキャリア漏れも調べないといけないですね。
なかなか遊べる DREAK TR-4C です。
TR-4C で 7MHz をワッチしていましたが、SSB の受信音はやっぱり良い感じです。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DREAK TR-4C のマイク・コネクターは特殊だった [HF]

 借用して動作確認をしている DREAK TR-4C に使われているマイク・コネクターが特殊でした。

マニュアルに型番が出ているのですけど、S-230 connector というものです。
4552441.jpg
ググると、ドレークやコリンズで使われている物のようです。
これが、見かけ Φ6.5 の標準ステレオ・プラグのように見えるのですが、微妙に細いのです。
で、Φ6.5 のプラグが入りません。 (;_;)
ネットでググると最安で1個、$8.01 もします。
う~ん、困った。
AF Two Tone Generator から信号が入らないじゃない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SSB 送信機の調整と測定 (SSB ハンドブックから) [HF]

 DREAK TR-4C で測るために SSB 送信機の調整と測定について調べてみました。

原典は CQ 出版社発行の SSB ハンドブック(昭和44年12月15日 初版発行 第7版)からです。
項目として
§1-1 SSB の電力測定
 ○ 尖頭電力
  ・飽和出力
    シングルトーンで測定
    キャリヤを入れて測定でも可
    ⇒ DREAK TR-4C では CW で測定済み
  ・混変調積によって制限された出力
    2トーンで測定
    ALC が動作しない範囲で3次歪みが規定値以下の出力を測定する
    これが本来の SSB 尖頭電力
    ⇒ DREAK TR-4C で測ってみるつもり

§1-2 2トーンテスト
 ○ リニアリティの確認
   X字クロスの確認
   クロスオーバ歪みの無い事
   クリップ歪みの無い事
   丸みのあるクリップ(飽和特性がなだらか)
 ○ ALC の動作テスト
   ALC スタートレベルと許容できる ALC レベルの確認

§1-3 ALC 特性のデータ
 ○ 混変調歪み(dB)
   ⇒ スペアナで入力レベルを上げた時の特性悪化を確認する
     ALC スタートレベル(適正入力レベルをどうやって確認する?)
 ○ ALC の過渡現象特性
   ⇒ 今なら LTspice で ALC 回路の伝達関数の過渡応答を調べる?

§1-4 リニアアンプの2トーンテスト
 RF で2信号を入れる
 (今なら2信号を出せる DDS か、中華 DDS の2個使いでテストできる)
 (受信機の近接信号特性測定にも使えるから今度作ってみよう)
 (KPA100 で試してみる?)

§1-5 周波数安定度
 ○ 周波数カウンタ
   VFO のカバー範囲と温度安定度を3点(上端、中央、下端)で測る
   (昔はすごく高価だったけど、今では Amazon でそこそこの物が買えるし、TCXO を使った物を所有)

§1-6 送信機の調整運用
 ○ VFO の直線性
   ⇒ DREAK TR-4C の受信動作の確認で問題はなさそう
 ○ タンク回路の調整法
   パルスチューニング
 ○ 中和回路
 ○ キャリヤバランス
 ○ キャリヤポイント

次は以前に作った FCZ の2トーン・ジェネレータを APB-3 で測って歪というかスプリアスを見てみるつもりです。
旅行から帰ってきてから雑用が多くて、なかなか手が付かない。
契約社員としての仕事もしないといけない....
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「SSB ハンドブック」を手に入れました [HF]

 昔、持っていた「SSB ハンドブック」をまた手に入れました。

これです。
手に入れた理由は DRAKE TR-4C の送信テストをするにあたり、今一度、SSB の送信テストに必要な知識を復習するためです。
SSB_Handbook.jpg
これで勉強しながら Two Tone Generator 単体でのスプリアスも見ておこうと思います。
歪率を調べる機械とかありゃ~良いんですけどね。 最近聞かない測定器ですね。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その4、ダミーロードでスプリアス測定) [HF]

 DRAKE TR-4C の送信動作確認、その4です。

今回は 20dB アッテネータを入手したので、ダミーロードを繋いでのスプリアス測定をしてみました。
測ったのは 7MHz と 14MHz です。
まずはアッテネータの特性を見てみました。
1.5GHz に近づくにつれて少し減衰量が減っていますが、良い特性だと思います。
1-att-f.jpg

〔7MHz〕
この前と違って特に問題はなさそうです。 しかし、前回は K2 でモニターしていても近傍に変な信号が送信に合わせて出ていました。 ダミーロードと実際のアンテナとで動作に違いが出るのでしょうか。
3-7M-sig.jpg
帯域外領域に -50bB を超える信号が見えるので新規定では NG ですね。
2-7M-s.jpg
2次の高調波が -44dB あり、3次は見えません。 しかし、新規定の -50dB をクリアしていないのでその点では NG です。
〔14MHz〕
スパンを広く見てしまったのですが、これだけからいうと良さそうに見えます。 ちゃんと見るなら帯域外領域が良く分かるスパンにして見直さないといけませんけど。
4-14M-sig.jpg
こちらも2次の高調波が -42dB あり、3次は見えません。 しかし、新規定の -50dB をクリアしていないのでその点ではやはり NG ですね。
5-14M-sp.jpg

こうしてみると新スプリアス規定は結構厳しいですね。
使うには各バンド毎のフィルターが必要そうです。
ATU を自動調整型のフィルターとしてそれも含めて測ってスプリアスが減らないかなぁと考えてしまいますね。
ちゃんとやるには各バンド毎の BPF を準備して対処するしかないかと。
150W に耐える BPF って大変そうです。

P.S.
ご老体の TR-4C でいろいろとスプリアスを見てきましたが、途中で送受切り替えのリレーがうまく動作しなくなってしまいました。 具体的にはバンド切り替えスイッチと、モード・スイッチ、サイドバンド切り替えスイッチを操作して送受を切り替えるのですが、時々、リレーが反応せずに送信モードに入らない時があります。
動作を良く理解できていないところもあり、深く追うには回路図から追わないと厳しそうです。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

卓上型マイク MC-60 が届いた [HF]

 ヤフオクで卓上型マイクを手に入れました。

これです。
IMG_0587_scr.JPG
KENWOOD の卓上型マイク MC-60 です。
K2 用のマイクとしては MC-43S があったのですが、ドレークの TR-4C に合わせると貧弱に見えます。
そこでここはやはり卓上型のマイクだろうという事でヤフオクでポチッとしてしまいました。
TR-4C に繋ぐには変換ケーブルを作らないといけませんが、それは止めておいて、集合写真だけを残そうかと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の受信動作確認 (その4) [HF]

 DRAKE TR-4C の受信動作確認、その4です。

TR-4C に付いている取説にブロックダイアグラムがあったので、見てみました。
IMG_0001.jpg
教科書通りのシングルコンバージョンの SSB トランシーバーです。
局発は PTO(4.9MHz ~ 5.5MHz)と Xtal のプリミックス式です。
で、3.5MHz と 14MHz はプリミクサーを通らずに PTO の出力がそのままミクサーに入ります。
ここで取説にあった回路図を見てみると
IMG_0004.jpg
なんと、回路図に 28.0MHz と 29.1MHz の Xtal はオプションと書かれています。
これでは 28.0MHz も、29.1MHz も動作するはずがありません。
回路図以外にはそんな記述はどこにもありません。 やられました。
で、TR-4C のバンドと PTO、Xtal の関係をテーブルにしてみました。
TR-4C_Band.jpg
ですが、3.5MHz でダイアル表示と実際の受信周波数が約 100kHz もずれている理由が分かりません。
ここはもう少し原因を考えないといけないですね。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の受信動作確認 (その3) [HF]

 DRAKE TR-4C の受信動作確認、その3です。

TR-4C に HP の SG を接続して受信感度と動作を確認しました。
これが結果です。
TR-4C_RX_test.jpg
CAL OK というのは自分のキャリブレーション信号が受信できているかどうかです。
OK は受信可、NG は受信不可です。
- は、受信動作せずです。
TR-4C の S1 は 7.1MHz -121dBm を基準に S メーターの調整をしました。
各テーブルの S 値は、その時の入力信号レベルに対して TR-4C の S メーターが表示した値です。
3.5MHz は、SG の 3.51MHz の信号に対して 3.501MHz で受信しており、感度も悪いので調整がだいぶ狂っているようです。
28.0MHz と 29.1MHz はキャリブレーション信号も受からないので、根本的な問題を持っていそうです。
あとの 7MHz、14MHz、21MHz は使える感じですが、7MHz 以外は調整が狂っている感じです。
送信テストでも 28.0MHz と 29.1MHz はパワーが出ていないので、かなりいろいろなところで調整し直す必要がありそうです。
ここは手強そうです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KENWOOD の音作り [HF]

 先日のハムフェアで KENWOOD のブースに立ち寄った際、TS-590G と SDR の同期運用展示のところで説明員の方から KENWOOD の音作りに関してお聞きした内容を備忘録として書いておこうと思います。

今は手放してしまいましたが、TS-590 と SDR-IQ とで同期運用を行い、活用していました。
その際、TS-590 の SSB の音が落ち着いていて、長く聞いていても聞き疲れしない音でした。
今、預かっている TR-4C で聞く SSB の音も TS-590 に近い、聞きやすく明瞭度も良い音です。
この事を説明員の方にお話したところ、KENWOOD の音作りは過去の機械の特徴を引き継いでおり、デジタル化された現在でも DSP の処理をアナログ時代の音に近づけるようにフィルター特性などに気を配っているとの事でした。
それで、TS-590 の音も昔の真空管式リグに近いので聞き疲れしにくいのではとの事でした。
TRIO の DNA は今でも KENWOOD に引き継がれているのですね。
ちょっと TS-590G 記念モデルを買いそうになってしまいましたが、イカンイカンと思いなおしました。
WARC バンドもダウンコンバージョンになっていたら欲しいんだけどなぁ....
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その3、スプリアス測定) [HF]

 DRAKE TR-4C の送信動作確認でダミーロードからの漏れ電波をアンテナを繋いだスペアナで測定してみました。

〔測定条件〕
周波数: 7.030MHz
出力: 150W (パワー計では見ていないけど、前回確認時の結果から予測した値)
スペアナ: DSA815-TG
アンテナ: SteppIR 2 ele 40m オプション付き

① 無送信時 0Hz ~ 25MHz
かなり HF 帯にノイズがあるようです。 元は太陽光発電?
8282.jpg
② 無送信時 6.5MHz ~ 8.5MHz
やはりノイジーです。
8283.jpg
③ 無送信時 7.00MHz ~ 7.05MHz
帯域を絞っているのでノイズが減っています。
8284.jpg
④ 送信時 7.00MHz ~ 7.05MHz
7.03MHz にピークがありますが、周りに何かいますねぇ。 こりゃぁ.... 使えんかも。
8285.jpg
⑤ 送信時 5MHz ~ 25MHz
2次と3次の高調波を見ようとしたのですが、周りの都市雑音に紛れて見つかりませんね。
8287.jpg

ダミーロードに行く前に 20dB カップラーを付けて、さらに 10dB パッドを積み重ねて他の要因を消して図らないとダメですね。 今のところ、150W をスペアナの許容入力範囲へ落とすまでの 10dB パッドが足りません。
そのうちに準備しようと思います。
その前に、SG を使って各バンドの受信感度を調べてみようと思います。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C で CW 送信動作確認 [HF]

 DRAKE TR-4C に以前作った K3NG キーヤーを繋ぎ、 CW の送信動作を確認してみました。

このキーヤーは Photo MOS リレーを使っており、そのまま真空管式リグのキーを繋げられます。 メカ・リレーではないので無音で快適です。
キー・ジャックにキーを指すと、送信チューニング時にもキーが有効になっています。
キーヤーをチューニング・モードにして連続送信しながら終段の同調を取らないといけません。
CW を送信し、K2 でモニターしていると、本信号の周りにお化けがいる様です。
あとでスペアナで見て見たいと思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その2、その他のバンドのパワー測定) [HF]

 引き続き、各バンドでの送信動作確認です。

〔3.5MHz〕
バイアス調整
微妙にプレート電流が低いです。
DSC06497.JPG
パワー計
140W ぐらい出ています。
DSC06498.JPG
〔14MHz〕
バイアス調整
こちらも微妙にプレート電流が低いです。 昨日に比べてバイアス調整がズレたのかもしれません。
DSC06499.JPG
パワー計
100W ぐらい出ています。 ちょっと低いですね。
DSC06500.JPG
〔21MHz〕
バイアス調整
微妙にプレート電流が規定の 0.1A より低いです。
DSC06501.JPG
パワー計
バンドの SSB 帯と CW 帯とでパワーが違います。 バンドエッジに近いところではパワーが出にくいです。
それにしてもパワーがあまりにも出ていません。 どこかにおかしいところがあるのかもしれません。
DSC06502.JPG
DSC06512.JPG
〔28.0MHz〕
バイアス電流は流れているが、各ツマミに反応せず、パワーが何も出ない。
バンド切り替えに伴い、どこかでちゃんと動いていないところがありそうです。
〔28.5MHz〕
バイアス調整
微妙にプレート電流が規定の 0.1A より低いです。
DSC06506.JPG
パワー計
パワーが 60W 程度出ており、パワーが低いながらもちゃんと動いていそうです。
DSC06509.JPG
〔29.1MHz〕
バイアス電流は流れているが、各ツマミに反応せず、パワーが何も出ない。
これも、バンド切り替えに伴い、どこかでちゃんと動いていないところがありそうです。

まずは各バンドで終段チューニングを試してみた結果です。
パワーが全く出ないバンドはどこかが壊れているのか、接触不良が起きているのか見極めが必要ですね。
あとで蓋を開けて目視チェックをしてみようと思います。
あと、SG を繋いでパワーが出ないバンドでの信号受信がちゃんと出来ているかも調べてみる必要がありそうです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その1、チューニング手順と 7MHz でパワー測定) [HF]

 今度は送信の確認です。

手順を理解するためにパワー計とダミーロードを繋いでテストしてみます。
まず、終段のバイアス調整を行います。
① 電源を ON し
② SIDEBAND スイッチを左側に倒し
③ MODE スイッチを X-CW にし
④ AC-4 のバイアス調整ツマミでプレート電流計が 0.1A を指すように調整します。
〔調整前〕
DSC06489.JPG
〔調整後〕
DSC06490.JPG
次に、終段の調整です。
① BAND を選び (今回は 7MHz)
② VFO ノブで周波数を選び (今回は 7.100MHz)
③ XMTR GAIN を左に回し切り
④ LOAD を左に回し切り
⑤ SIDEBAND を X の位置にし
⑥ MODE を SSB にして
⑦ RF TUNE をノイズが最大になるように調整します
⑧ MODE を X-CW にし
⑨ XMTR GAIN を右に回してプレート電流計を少し流します
⑩ RF TUNE でプレート電流が最大になるように調整し
⑪ PLATE ノブでプレート電流がディップするところを探します
⑫ ディップが見つかったら XMTR GAIN を右に回してプレート電流がそれ以上増えないところまで上げます
⑬ LOAD と PLATE を交互に使ってプレート電流が最小になるように調整します
この時点でプレート電流計は 0.380A から 0.500A の間になります。
⑭ LOAD 回すと RF 出力は増えますが、プレート損失が増え過ぎます
⑮ MODE を SSB に戻します
ここまで調整すると RF 出力は 150W 出ています。
DSC06494.JPG
この時、本体の終段部筐体温度は 70℃ を超えていました。
DSC06496.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の受信動作確認 (その2) [HF]

 ちょっと手が付けられずに間が空いてしまったけど、受信動作のおかしいところを調整しました。

おかしかったのは次の2点です。
① S メーターの振れ方がおかしい
② ダイアル目盛りがずれている

① は、本体右側に S メーターの 0 点調整 VR があり、信号のないところでそれを調整して S1 の表示に合わせます。 これで S1 の表示は合わせられました。 S9 の表示調整は SG でそのレベルの信号を入れて、シャーシー下の VR を調整しないといけないので、これはあとで確認してみようと思います。

② は、キャリブレーション用の Xtal 発振器を使って 100kHz の高調波を受信してダイアルのスカートを回すことによって合わせます。 うちの FT-897D は標準で TXCO が付いているので、それを信用して FT-897D の信号を受信して目盛りを確認してみました。 だいたい 500Hz ぐらいの誤差で合っているようです。 これで良しとしました。 7MHz の上の方にある大陸からの放送を FT-897D と交互に受信して目盛りの誤差を見てもやはり 500Hz くらいの誤差で収まっています。 ずっと聞いていても PTO が安定しているので優秀です。 それとキャリブレーション用の Xtal もその精度で合っている見て良いかと。 本当は周波数カウンターで測ろうと思ったのですが、蓋を開ける気力が湧きませんでした。

暫らく大陸からの放送を聞いていましたが、AM モードがあるせいでとても聞きやすい音になっています。
これを聞いていると、R-4C が欲しくなるけど、JR-599 で我慢ですね。
次は、送信部の動作チェックをしてみようかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大圏地図を作ってもらった [HF]

 大圏地図としては無線用 PC に DX Atlas をインストールしてありますが、普段使いの PC でも方向の確認に大圏地図が欲しくなり、DX Zone のサービスを使って作ってみました。

これです。
JR1KDA.jpg
作り方は、ここにアクセスして、QRA と QRH を入力し、Creat Map をクリックして作ります。 それをダウンロードすればOK。
これで無線用 PC を起動していない時にも方向を確認する事ができます。
普段使いの PC のデスクトップに設定しました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DRAKE TR-4C の受信動作確認 [HF]

 今日も DRAKE TR-4C の受信動作確認をしてみました。

使用したバンドは 7MHz、14MHz、21MHz です。
モードは SSB と CW です。
アンテナを切り替えて TR-4C と K2 で同じ信号を聞き比べてみました。
各バンドとも CW、SSB の弱い信号、強い信号を使って聞き比べています。
感度はほとんど差が無いように思います。
静けさは CW ではフィルターの違いにより K2 の方が静かです。
CW の音は好みでそれほどの差は感じませんでした。
SSB の音は TR-4C の方が聴きやすい感じです。 これはフィルターの違いによるものと思います。
K2 は汎用のクリスタルを使ってフィルターを構成していますが、TR-4C は専用のフィルターが入っています。
他の回路とも相まって SSB の音は TR-4C では自然で聞きやすく感じます。 それに対し、K2 ではやや硬い音に聞こえます。
その他、TR-4C で気になったところは
① S メーターの振れ方がおかしい
② ダイアル目盛りがずれている
これは調整方法があるかをあとでマニュアルで確認してみようと思います。

電源を入れると S メーターの針がマイナス方向に振り切れています。
DSC06480.JPG

DRAKE TR-4C に火を入れた [HF]

 近くのホームセンターで下敷きのベニヤ板を買ってきたので、DRAKE TR-4C に火を入れてみました。

〔設置の様子〕
TR-4C の下にベニヤ板を入れています。
DSC06473.JPG
足部の拡大
DSC06475.JPG
〔受信風景〕
DSC06479.JPG
取り敢えず、7MHz を聞いてみました。
TR-4C は SSB が基本のトランシーバーのため、受信モードで CW はありません。
LSB モードで CW を受信してみました。
ノイズはありますが、CW のトーンは素直な感じです。
SSB の局を探しましたが、見つからなかったので、SSB の受信音確認は次の課題ですね。
ちょっと動かしていても本体上面はかなりな温度です。 物は置けませんね。
キャリブレーションを動かしてみましたが、ダイアル表示とずれています。
試しに K2 から CW 信号を出して TR-4C で受信してみると、ダイアル表示が 4kz くらいずれている感じです。
たぶんダイアル目盛りの補正機構があると思うので、あとで確認してみるつもりです。
あと S メーターの振れ方が K2 とあっていません。 レベルの調整が必要かもしれません。