So-net無料ブログ作成

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その4、ダミーロードでスプリアス測定) [HF]

 DRAKE TR-4C の送信動作確認、その4です。

今回は 20dB アッテネータを入手したので、ダミーロードを繋いでのスプリアス測定をしてみました。
測ったのは 7MHz と 14MHz です。
まずはアッテネータの特性を見てみました。
1.5GHz に近づくにつれて少し減衰量が減っていますが、良い特性だと思います。
1-att-f.jpg

〔7MHz〕
この前と違って特に問題はなさそうです。 しかし、前回は K2 でモニターしていても近傍に変な信号が送信に合わせて出ていました。 ダミーロードと実際のアンテナとで動作に違いが出るのでしょうか。
3-7M-sig.jpg
帯域外領域に -50bB を超える信号が見えるので新規定では NG ですね。
2-7M-s.jpg
2次の高調波が -44dB あり、3次は見えません。 しかし、新規定の -50dB をクリアしていないのでその点では NG です。
〔14MHz〕
スパンを広く見てしまったのですが、これだけからいうと良さそうに見えます。 ちゃんと見るなら帯域外領域が良く分かるスパンにして見直さないといけませんけど。
4-14M-sig.jpg
こちらも2次の高調波が -42dB あり、3次は見えません。 しかし、新規定の -50dB をクリアしていないのでその点ではやはり NG ですね。
5-14M-sp.jpg

こうしてみると新スプリアス規定は結構厳しいですね。
使うには各バンド毎のフィルターが必要そうです。
ATU を自動調整型のフィルターとしてそれも含めて測ってスプリアスが減らないかなぁと考えてしまいますね。
ちゃんとやるには各バンド毎の BPF を準備して対処するしかないかと。
150W に耐える BPF って大変そうです。

P.S.
ご老体の TR-4C でいろいろとスプリアスを見てきましたが、途中で送受切り替えのリレーがうまく動作しなくなってしまいました。 具体的にはバンド切り替えスイッチと、モード・スイッチ、サイドバンド切り替えスイッチを操作して送受を切り替えるのですが、時々、リレーが反応せずに送信モードに入らない時があります。
動作を良く理解できていないところもあり、深く追うには回路図から追わないと厳しそうです。
nice!(4)  コメント(0) 

卓上型マイク MC-60 が届いた [HF]

 ヤフオクで卓上型マイクを手に入れました。

これです。
IMG_0587_scr.JPG
KENWOOD の卓上型マイク MC-60 です。
K2 用のマイクとしては MC-43S があったのですが、ドレークの TR-4C に合わせると貧弱に見えます。
そこでここはやはり卓上型のマイクだろうという事でヤフオクでポチッとしてしまいました。
TR-4C に繋ぐには変換ケーブルを作らないといけませんが、それは止めておいて、集合写真だけを残そうかと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

DRAKE TR-4C の受信動作確認 (その4) [HF]

 DRAKE TR-4C の受信動作確認、その4です。

TR-4C に付いている取説にブロックダイアグラムがあったので、見てみました。
IMG_0001.jpg
教科書通りのシングルコンバージョンの SSB トランシーバーです。
局発は PTO(4.9MHz ~ 5.5MHz)と Xtal のプリミックス式です。
で、3.5MHz と 14MHz はプリミクサーを通らずに PTO の出力がそのままミクサーに入ります。
ここで取説にあった回路図を見てみると
IMG_0004.jpg
なんと、回路図に 28.0MHz と 29.1MHz の Xtal はオプションと書かれています。
これでは 28.0MHz も、29.1MHz も動作するはずがありません。
回路図以外にはそんな記述はどこにもありません。 やられました。
で、TR-4C のバンドと PTO、Xtal の関係をテーブルにしてみました。
TR-4C_Band.jpg
ですが、3.5MHz でダイアル表示と実際の受信周波数が約 100kHz もずれている理由が分かりません。
ここはもう少し原因を考えないといけないですね。
nice!(4)  コメント(2) 

DRAKE TR-4C の受信動作確認 (その3) [HF]

 DRAKE TR-4C の受信動作確認、その3です。

TR-4C に HP の SG を接続して受信感度と動作を確認しました。
これが結果です。
TR-4C_RX_test.jpg
CAL OK というのは自分のキャリブレーション信号が受信できているかどうかです。
OK は受信可、NG は受信不可です。
- は、受信動作せずです。
TR-4C の S1 は 7.1MHz -121dBm を基準に S メーターの調整をしました。
各テーブルの S 値は、その時の入力信号レベルに対して TR-4C の S メーターが表示した値です。
3.5MHz は、SG の 3.51MHz の信号に対して 3.501MHz で受信しており、感度も悪いので調整がだいぶ狂っているようです。
28.0MHz と 29.1MHz はキャリブレーション信号も受からないので、根本的な問題を持っていそうです。
あとの 7MHz、14MHz、21MHz は使える感じですが、7MHz 以外は調整が狂っている感じです。
送信テストでも 28.0MHz と 29.1MHz はパワーが出ていないので、かなりいろいろなところで調整し直す必要がありそうです。
ここは手強そうです。

nice!(2)  コメント(0) 

KENWOOD の音作り [HF]

 先日のハムフェアで KENWOOD のブースに立ち寄った際、TS-590G と SDR の同期運用展示のところで説明員の方から KENWOOD の音作りに関してお聞きした内容を備忘録として書いておこうと思います。

今は手放してしまいましたが、TS-590 と SDR-IQ とで同期運用を行い、活用していました。
その際、TS-590 の SSB の音が落ち着いていて、長く聞いていても聞き疲れしない音でした。
今、預かっている TR-4C で聞く SSB の音も TS-590 に近い、聞きやすく明瞭度も良い音です。
この事を説明員の方にお話したところ、KENWOOD の音作りは過去の機械の特徴を引き継いでおり、デジタル化された現在でも DSP の処理をアナログ時代の音に近づけるようにフィルター特性などに気を配っているとの事でした。
それで、TS-590 の音も昔の真空管式リグに近いので聞き疲れしにくいのではとの事でした。
TRIO の DNA は今でも KENWOOD に引き継がれているのですね。
ちょっと TS-590G 記念モデルを買いそうになってしまいましたが、イカンイカンと思いなおしました。
WARC バンドもダウンコンバージョンになっていたら欲しいんだけどなぁ....
nice!(3)  コメント(0) 

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その3、スプリアス測定) [HF]

 DRAKE TR-4C の送信動作確認でダミーロードからの漏れ電波をアンテナを繋いだスペアナで測定してみました。

〔測定条件〕
周波数: 7.030MHz
出力: 150W (パワー計では見ていないけど、前回確認時の結果から予測した値)
スペアナ: DSA815-TG
アンテナ: SteppIR 2 ele 40m オプション付き

① 無送信時 0Hz ~ 25MHz
かなり HF 帯にノイズがあるようです。 元は太陽光発電?
8282.jpg
② 無送信時 6.5MHz ~ 8.5MHz
やはりノイジーです。
8283.jpg
③ 無送信時 7.00MHz ~ 7.05MHz
帯域を絞っているのでノイズが減っています。
8284.jpg
④ 送信時 7.00MHz ~ 7.05MHz
7.03MHz にピークがありますが、周りに何かいますねぇ。 こりゃぁ.... 使えんかも。
8285.jpg
⑤ 送信時 5MHz ~ 25MHz
2次と3次の高調波を見ようとしたのですが、周りの都市雑音に紛れて見つかりませんね。
8287.jpg

ダミーロードに行く前に 20dB カップラーを付けて、さらに 10dB パッドを積み重ねて他の要因を消して図らないとダメですね。 今のところ、150W をスペアナの許容入力範囲へ落とすまでの 10dB パッドが足りません。
そのうちに準備しようと思います。
その前に、SG を使って各バンドの受信感度を調べてみようと思います。
nice!(2)  コメント(2) 

DRAKE TR-4C で CW 送信動作確認 [HF]

 DRAKE TR-4C に以前作った K3NG キーヤーを繋ぎ、 CW の送信動作を確認してみました。

このキーヤーは Photo MOS リレーを使っており、そのまま真空管式リグのキーを繋げられます。 メカ・リレーではないので無音で快適です。
キー・ジャックにキーを指すと、送信チューニング時にもキーが有効になっています。
キーヤーをチューニング・モードにして連続送信しながら終段の同調を取らないといけません。
CW を送信し、K2 でモニターしていると、本信号の周りにお化けがいる様です。
あとでスペアナで見て見たいと思います。
nice!(3)  コメント(0) 

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その2、その他のバンドのパワー測定) [HF]

 引き続き、各バンドでの送信動作確認です。

〔3.5MHz〕
バイアス調整
微妙にプレート電流が低いです。
DSC06497.JPG
パワー計
140W ぐらい出ています。
DSC06498.JPG
〔14MHz〕
バイアス調整
こちらも微妙にプレート電流が低いです。 昨日に比べてバイアス調整がズレたのかもしれません。
DSC06499.JPG
パワー計
100W ぐらい出ています。 ちょっと低いですね。
DSC06500.JPG
〔21MHz〕
バイアス調整
微妙にプレート電流が規定の 0.1A より低いです。
DSC06501.JPG
パワー計
バンドの SSB 帯と CW 帯とでパワーが違います。 バンドエッジに近いところではパワーが出にくいです。
それにしてもパワーがあまりにも出ていません。 どこかにおかしいところがあるのかもしれません。
DSC06502.JPG
DSC06512.JPG
〔28.0MHz〕
バイアス電流は流れているが、各ツマミに反応せず、パワーが何も出ない。
バンド切り替えに伴い、どこかでちゃんと動いていないところがありそうです。
〔28.5MHz〕
バイアス調整
微妙にプレート電流が規定の 0.1A より低いです。
DSC06506.JPG
パワー計
パワーが 60W 程度出ており、パワーが低いながらもちゃんと動いていそうです。
DSC06509.JPG
〔29.1MHz〕
バイアス電流は流れているが、各ツマミに反応せず、パワーが何も出ない。
これも、バンド切り替えに伴い、どこかでちゃんと動いていないところがありそうです。

まずは各バンドで終段チューニングを試してみた結果です。
パワーが全く出ないバンドはどこかが壊れているのか、接触不良が起きているのか見極めが必要ですね。
あとで蓋を開けて目視チェックをしてみようと思います。
あと、SG を繋いでパワーが出ないバンドでの信号受信がちゃんと出来ているかも調べてみる必要がありそうです。
nice!(3)  コメント(0) 

DRAKE TR-4C の送信動作確認 (その1、チューニング手順と 7MHz でパワー測定) [HF]

 今度は送信の確認です。

手順を理解するためにパワー計とダミーロードを繋いでテストしてみます。
まず、終段のバイアス調整を行います。
① 電源を ON し
② SIDEBAND スイッチを左側に倒し
③ MODE スイッチを X-CW にし
④ AC-4 のバイアス調整ツマミでプレート電流計が 0.1A を指すように調整します。
〔調整前〕
DSC06489.JPG
〔調整後〕
DSC06490.JPG
次に、終段の調整です。
① BAND を選び (今回は 7MHz)
② VFO ノブで周波数を選び (今回は 7.100MHz)
③ XMTR GAIN を左に回し切り
④ LOAD を左に回し切り
⑤ SIDEBAND を X の位置にし
⑥ MODE を SSB にして
⑦ RF TUNE をノイズが最大になるように調整します
⑧ MODE を X-CW にし
⑨ XMTR GAIN を右に回してプレート電流計を少し流します
⑩ RF TUNE でプレート電流が最大になるように調整し
⑪ PLATE ノブでプレート電流がディップするところを探します
⑫ ディップが見つかったら XMTR GAIN を右に回してプレート電流がそれ以上増えないところまで上げます
⑬ LOAD と PLATE を交互に使ってプレート電流が最小になるように調整します
この時点でプレート電流計は 0.380A から 0.500A の間になります。
⑭ LOAD 回すと RF 出力は増えますが、プレート損失が増え過ぎます
⑮ MODE を SSB に戻します
ここまで調整すると RF 出力は 150W 出ています。
DSC06494.JPG
この時、本体の終段部筐体温度は 70℃ を超えていました。
DSC06496.JPG
nice!(2)  コメント(0) 

DRAKE TR-4C の受信動作確認 (その2) [HF]

 ちょっと手が付けられずに間が空いてしまったけど、受信動作のおかしいところを調整しました。

おかしかったのは次の2点です。
① S メーターの振れ方がおかしい
② ダイアル目盛りがずれている

① は、本体右側に S メーターの 0 点調整 VR があり、信号のないところでそれを調整して S1 の表示に合わせます。 これで S1 の表示は合わせられました。 S9 の表示調整は SG でそのレベルの信号を入れて、シャーシー下の VR を調整しないといけないので、これはあとで確認してみようと思います。

② は、キャリブレーション用の Xtal 発振器を使って 100kHz の高調波を受信してダイアルのスカートを回すことによって合わせます。 うちの FT-897D は標準で TXCO が付いているので、それを信用して FT-897D の信号を受信して目盛りを確認してみました。 だいたい 500Hz ぐらいの誤差で合っているようです。 これで良しとしました。 7MHz の上の方にある大陸からの放送を FT-897D と交互に受信して目盛りの誤差を見てもやはり 500Hz くらいの誤差で収まっています。 ずっと聞いていても PTO が安定しているので優秀です。 それとキャリブレーション用の Xtal もその精度で合っている見て良いかと。 本当は周波数カウンターで測ろうと思ったのですが、蓋を開ける気力が湧きませんでした。

暫らく大陸からの放送を聞いていましたが、AM モードがあるせいでとても聞きやすい音になっています。
これを聞いていると、R-4C が欲しくなるけど、JR-599 で我慢ですね。
次は、送信部の動作チェックをしてみようかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

大圏地図を作ってもらった [HF]

 大圏地図としては無線用 PC に DX Atlas をインストールしてありますが、普段使いの PC でも方向の確認に大圏地図が欲しくなり、DX Zone のサービスを使って作ってみました。

これです。
JR1KDA.jpg
作り方は、ここにアクセスして、QRA と QRH を入力し、Creat Map をクリックして作ります。 それをダウンロードすればOK。
これで無線用 PC を起動していない時にも方向を確認する事ができます。
普段使いの PC のデスクトップに設定しました。
nice!(2)  コメント(0) 

DRAKE TR-4C の受信動作確認 [HF]

 今日も DRAKE TR-4C の受信動作確認をしてみました。

使用したバンドは 7MHz、14MHz、21MHz です。
モードは SSB と CW です。
アンテナを切り替えて TR-4C と K2 で同じ信号を聞き比べてみました。
各バンドとも CW、SSB の弱い信号、強い信号を使って聞き比べています。
感度はほとんど差が無いように思います。
静けさは CW ではフィルターの違いにより K2 の方が静かです。
CW の音は好みでそれほどの差は感じませんでした。
SSB の音は TR-4C の方が聴きやすい感じです。 これはフィルターの違いによるものと思います。
K2 は汎用のクリスタルを使ってフィルターを構成していますが、TR-4C は専用のフィルターが入っています。
他の回路とも相まって SSB の音は TR-4C では自然で聞きやすく感じます。 それに対し、K2 ではやや硬い音に聞こえます。
その他、TR-4C で気になったところは
① S メーターの振れ方がおかしい
② ダイアル目盛りがずれている
これは調整方法があるかをあとでマニュアルで確認してみようと思います。

電源を入れると S メーターの針がマイナス方向に振り切れています。
DSC06480.JPG

DRAKE TR-4C に火を入れた [HF]

 近くのホームセンターで下敷きのベニヤ板を買ってきたので、DRAKE TR-4C に火を入れてみました。

〔設置の様子〕
TR-4C の下にベニヤ板を入れています。
DSC06473.JPG
足部の拡大
DSC06475.JPG
〔受信風景〕
DSC06479.JPG
取り敢えず、7MHz を聞いてみました。
TR-4C は SSB が基本のトランシーバーのため、受信モードで CW はありません。
LSB モードで CW を受信してみました。
ノイズはありますが、CW のトーンは素直な感じです。
SSB の局を探しましたが、見つからなかったので、SSB の受信音確認は次の課題ですね。
ちょっと動かしていても本体上面はかなりな温度です。 物は置けませんね。
キャリブレーションを動かしてみましたが、ダイアル表示とずれています。
試しに K2 から CW 信号を出して TR-4C で受信してみると、ダイアル表示が 4kz くらいずれている感じです。
たぶんダイアル目盛りの補正機構があると思うので、あとで確認してみるつもりです。
あと S メーターの振れ方が K2 とあっていません。 レベルの調整が必要かもしれません。

DRAKE TR-4C がやってきた [HF]

 ローカルの OM さんが手に入れたまま手付かずの DRAKE TR-4C があるという事で、その動作確認をさせていただくというもっともらしい理由で我が家にやってきました。

動作確認の間、JR-599 の場所においていろいろと確認してみようと思います。
(実は暑くて半田付けするのが嫌になっているのもあり、しかし真空管式のトランシーバー....熱はすごそう....)
〔箱を開けたところ〕
DSC06462.JPG
〔本体〕
DSC06463.JPG
〔電源〕
DSC06464.JPG
実際に置いてみたら、奥行きがかなりあり、今の木製台からはみ出してしまいます。 何か対策を考えねば。
DSC06466.JPG

久しぶりの DX [HF]

 随分と久しぶりに DX 局と QSO しました。

昨日の雷でリグやアンテナが壊れていないかを夜中にチェックしていたら 7MHz で DX 局が聞こえたので呼んでみたらレポートがもらえました。
なんとオホーツク海の島からの運用でラッキーでした。
QSL はクラブログで請求のようなので、あとで確認してみるつもりです。

初めて K2 のスプリット機能を使いました。
CQ で UP 指定だったので SPLIT ボタンを押したのですが、使い方が分からずマニュアルを引っ張り出して確認し、呼んでみたところ、コールサインで?を打たれました。 ここでパワーを 20W にしていたのを思い出し、パワーを 50W にして呼んだところ、コールサインを拾ってもらえ、レポートをいただけました。 こちらからレポートを送って、TU をいただき、QSO 終了です。

場所はここ
R24RRC.jpg
ペディションのメンバーに感謝です。

QST誌 5月号 Product Review は KX2、MTR3B、MLA、Antenna rope、SmartSDR [HF]

 QST誌 5月号 Product Review は KX2、MTR3B、Alpha Antenna 社の MLA、Antenna rope、iOS 版の SmartSDR です。

Yahoo! Group で見かけた記事に QST 誌 5月号の Product Review への URL が出ていました。
ARRL のメンバーなら見られるので、見て見たら他にも色々と出ていました。
あとでゆっくり見て見るつもりです。




TS-590 サポートページが戻ってきた [HF]

 G3NRW / Ian Wade さんが公開している TS-590 のサポートページが一時移管されていた ZS2EZ / Barry さんのところから戻ってきています。

その理由ですが、Ian さんが TS-590 を IC-7300 に置き換えたところ、TS-590 の直感的な操作から複数のメニューを駆使しての操作になった事やクローズドなシステムが合わなかったようです。 で、結局 TS-590SG に戻してしまったため、サポートページも復活させたそうです。
Yahoo! Group の TS-590 や digitalradio のグループで Ian さんが報告していました。
TS-590 のグループに投稿された記事はこちらです。
新しいサポートページはこちらです。

理由が書かれているところを抜粋してみると
But I missed the large SDR display I used with the TS-590S (the IC-7300 color display is very good, but tiny and cluttered). I missed the one-press buttons on the TS-590 panel (the IC-7300 has basically similar functions, but many settings require multiple menu selections). I missed the simple ways of emoteing the TS-590 (you have to buy special software for the IC-7300). And Icom's CAT programming is unbelievably opaque!

Above all, the IC-7300 is basically a "closed" system. Everything you might need is inside the box, but you can't easily get at it. The TS-590 on the other hand is wide open to all kinds of easy-to-implement hardware and software innovations.

Sure enough, people warned me about these things before I bought the IC-7300, but I had to try it. I'm cured now. The new TS-590SG is like a breath of fresh air -- I plugged in all the old cables I made up five years ago to connect the rig to the PC and the SDR-IQ, and inside a half hour I was cooking on gas!
メニュー操作の煩雑さやシステムがオープンでないところに息苦しさを感じていたようです。
なので、TS-590SG に戻って like a breath of fresh air と新鮮な空気が吸えた感覚だったのでしょう。
システムを元に戻して I was cooking on gas! と気力も充実しているようです。
う~ん、これを見るとちょっと動揺してしまう。

JR-599 のリモート・コネクタを購入しました。 [HF]

 JR-599 のリモート・コネクタを購入しました。

購入理由は、将来、2球の真空管式 CW 送信機(TT-A1)と組み合わせて使う時の為に購入しました。
Hirose_P1316.jpg
当初、このコネクタは以前に良く見かけた物なのでオンラインで探し見たのですが、全然見つかりません。
そこで Facebook のグループでお尋ねしたところ、10年も前に生産終了していたのです。
教えていただいた型番はこれです。
ヒロセ
 P-1316
 P-1316-CTA
そこでこの型番でネットを検索しまくり、まだ型番を載せている数社に見積依頼を送り続けました。
そしたら1社から回答があり、プラグ本体が2個だけ、ハウジングは指定の物はないが P-1316-CM というタイプなら1個だけあるとの回答を頂けました。
地獄で仏とばかりに全部引き取りました。
これで TTA1 と組み合わせて使えます。
実際に繋ぐ必要があるのは、送受信切り替えの2本だけなんですけど。
コネクタが無かったら本体から引っ張り出さないといけません。

JR-599 VHF 受信確認 [HF]

 グリッド・ディップ・メーター WB-200 と FT-897D を使って JR-599 のクリコンを動かした時の動作を確認してみました。

マニュアルではクリコンを使った場合の受信周波数は下記のようになっています。
Switch PositionReceiving Frequency
Main BandAuxiliary Band
28.050A50.0 to 50.6MHz
28.550A50.5 to 51.1MHz
29.150A51.1 to 51.7MHz
28.050B51.7 to 52.3MHz
28.550B52.2 to 52.8MHz
29.150B52.8 to 53.4MHz
28.0144A144.0 to 144.6MHz
28.5144A144.5 to 145.1MHz
29.1144A145.1 to 145.7MHz
28.0144B145.7 to 146.3MHz
28.5144B146.2 to 146.8MHz
29.1144B146.8 to 147.4MHz

グリッド・ディップ・メーターを信号源として使い、それぞれの下端、上端の周波数を FT-897D で受信できる事を確認して、JR-599 でも受信してみました。
50MHz はほぼ周波数が一致しています。 しかし、144MHz では少し JR-599 の読みの方が上側にずれています。 あとでクリコンの発信周波数をちゃんとカウンターでチェックしないといけないですね。

JR-599 のフィルター特性をノイズ・ジェネレータ(N-GEN)を使って調べてみた [HF]

 N-GEN を使って JR-599 のフィルター特性を見てみました。

受信周波数: 7,100 kHz
Function: MONI
〔AM モード〕
① AM.N (ノイズ・リミッターが入った状態)
AM-N.jpg
② AM
AM.jpg
ノイズ・リミッターの On / Off に関係なく、1kHz くらいから高域がなだらかに落ちていきます。
この状態で 7MHz の AM 信号を聞いていると非常に明瞭度が良く聞こえます。
③ AM (フィルター25kHzを使用)
AM-25kB.jpg
フィルターを 25kHz にすると高域が伸びていきます。 短波放送を聴くときには良いのかもしれません。 本来は FM モード用です。
〔SSB モード〕
① USB モード(横軸は AM に合わせてある)
USB.jpg
② USB モード
USB-4k.jpg
③ LSB モード
LSB.jpg
USB / LSB モードに関係なく高域が 2.7kHz くらいから落ちていきます。 実際の受信音は柔らかい音で聞きやすいです。
〔CW モード〕
① CW (横軸は SSB に合わせてある)
CW.jpg
② CW
CW-2k.jpg
500Hz のフィルターが効いています。 帯域内で特性のあばれがあるけど、実際の受信音は柔らかくて聞きやすいです。 難点はバックグラウンドのノイズが大きい事です。 あと、ヘッドフォンを使うと残留ハム音が大きくてとても気になります。
しかし、BGM 的に聞いているのには疲れなくて良い感じです。
K2、FT-897D と聞き比べてみたけど、K2 は静かだけど音が固いように思います。 FT-897D はバックグラウンド・ノイズが大きいが感度は JR-599 より良い感じです。 JR-599 は音が柔らかいけどあまり感度が高くないです。
JR-599 はプリセレクターが付いているので、調整することで感度を最適にできます。