So-net無料ブログ作成
検索選択

記憶力の低下 [Other]

 記憶力の低下が進んでいます。

無線のモールス通信(CW)で和文のコードを憶えようとしているのですが、なかなか覚えられません。
今までに数回挫折しています。
「あ」から覚え始めて先に進んでいくと初めに覚えたコードを忘れてしまい、無限ループに陥ってしまいます。
あ~、情けない。 最近はひらがなの文字さえ出てこない。
困ったもんです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラジオ製作教室に参加してきました [Other]

 昨日はローカルアマチュア無線クラブが支援している、小学生向けのラジオ製作教室に参加してきました。

参加費はキットの代金 3,000 円だけで、AM/FM ラジオのキットを組み立てる教室です。
参加者は16組でした。 皆さん、無事に完成されて帰られたので良かったです。
去年初めて参加して、今年で2回目です。
ラジオは懐かしいサンヨーの LA1800 を使ったラジオ部に 8pin IC 1 個のオーディオアンプが付いた構成です。
このキット、ちょっと難しいところはありますが、皆さん、完成されて帰るところを見るとホッとします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひかり回線を CATV のひかり回線に換えてみた [Other]

 CATV が回線をメタルからひかりに換えていくらしいので、事前にネット接続を KDDI から CATV に換えてみた。

そろそろ使っているテレビ買い替えが必要になりそうな気配があるので、4K テレビの購入を視野に入れ始めました。 ところがまだ 4K 放送は始まっていません。 家はもともと住み始めた時から CATV なので、CATV の 4K 対応を聞いてみたら、回線をメタルからひかりに換える事で BS も STB なしでテレビに直結できるようになるとの事。さらに今から CATV のひかり回線を引いておけば外壁に付ける受信機を VONU に換えるだけで対応できるとの事。 それでネット回線(FTTH)を KDDI から CATV に換えてみた。 KDDI は新規の契約者には手厚い割引があるけど、長年の利用者にはあまりメリットが無い。 たまには変えてみようかと。 (新聞のおまけと一緒か....)
で、変えてみた結果。 いつものスピード測定。
ブロードバンド・スピード・テスト
ピン  ダウンロード速度 アップロード速度
65 ms 95.34 Mb/s    95.67 Mb/s
他にも試してみましたが、同様な結果です。
KDDI より遅い感じです。
まぁ、無線 LAN が 11ac を使えるようになったので良しとします。

こちらは SPEEDTEST by Ookla の結果
FTTH-speed.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Heathkit が Precision RF Meter - HM-1002 の pre-order を開始 [Other]

 Heathkit が Precision RF Meter - HM-1002 の pre-order を受け付け開始しました。

Precision RF Meter - HM-1002 - pre-order $ 575.00
https://shop.heathkit.com/shop/product/precision-rf-meter-hm-1002-pre-order-33
product_template_33.jpeg
やっとアマチュア無線向けの、それらしいキットが出てきたけど、価格がちょっと高いですね。
あと $100 くらい安ければと思う。

アイワが復活する [Other]

 Heathkit だけでなくアイワも復活するようです。

“アイワ”復活、4Kテレビやポータブルハイレゾプレーヤーなどを今秋から発売
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1066315.html
この記事によるとソニーラジオを永らく作っている十和田オーディオ商標を譲り受けてアイワを復活させるようです。
おもしろい機械が出てくる事を期待したいです。

Seeed Fusion が基板作成費用を半額にしています [Other]

 今まで Arduino 関係の基板を作ってもらっていた Seeed Fusion が基板作成費用を半額にしてくれています。

Prices Slashed in Half in Seeed Fusion: Only $4.9 for 10 PCBs!
http://www.seeedstudio.com/blog/2017/04/27/prices-slashed-in-half-in-seeed-fusion-only-4-9-for-10-pcbs/
cheap-pcb.jpg
対象は 100mm * 100mm 以下で片面、もしくは両面基板の 10 枚です。
さらに説明文にはこう書かれています。
So we have reduced our profit to 0 for prototype PCBs (100mm*100mm, 1-2 layers), which is now $4.9 for 10 pieces. Get your pcb manufactured at Seeed Fusion now: https://www.seeedstudio.com/fusion_pcb.html.
太っ腹ですね。
これが終わらないうちに次の基板を作る何かを考えないと。

庭に鳥が来ています [Other]

 ここのところの陽気で庭に鳥が来ています。

〔メジロ〕
DSC06384.JPG
DSC06387.JPG
〔分からない鳥さん〕
DSC06390.JPG

Armed Forces Day Crossband Military/Amateur Radio Communications Test [Other]

 日本では考えられないけど、U.S. ではこんな活動もしているようです。

もし、大規模災害が起きた時などに活用されるんでしょうね。
Armed Forces Day Crossband Military/Amateur Radio Communications Test
http://www.usarmymars.org/home/announcements
効果として
These tests give Amateur Radio operators and Short Wave Listeners (SWL) an opportunity and a challenge to demonstrate their individual technical skills, and to receive recognition from the appropriate military radio station for their proven expertise. QSL cards will be provided to those stations making contact with the military stations.
と書かれています。
日本と比べて、なんという違い。

今年もハナミズキが咲いた [Other]

 今年もハナミズキが咲きました。

DSC06373.JPG
DSC06374.JPG
DSC06376.JPG
これが咲くと初夏が近いと感じます。

Fake RD15HVF1 [Other]

 あるところで Fake RD15HVF1 が話題になっています。

どうやらあるベンダーが配布したキットに混ざっていたようで話題になっています。
そこで Fake RD15HVF1 でググってみると、こんなところがヒットしました。
Fake Chinese Components , not Origin.
https://www.youtube.com/watch?v=6Vq_Onh063M
RD15HVF1 Buy only from Original Distributors from web page each manufacturer , else will you lose your money and your time !
RD15HVF1 は RF のリニア・アンプに使われる FET です。
注意しよう。
でも、キットに使われていたらどうしようもないけど。

怪しいメール [Other]

 昨日、怪しいメールが届いた。

サブジェクトは「送り状の用意:用意済み」。
差出人は「noreply@mv.post.japanposts.jp」
差出人のメールアドレスには実在のドメインを騙っています。
そして怪しい添付ファイルが付いています。 ファイル名には日付とかがそれらしく付いています。
でも、カーボンコピーに不審なアドレス「n?g?s?@ba2.so-net.ne.jp」が付いています。(? は変えています)
で、ヘッダーを見ると
Message-ID が怪しすぎて、誰が ID 付けてんだか状態。
Received: from も、どっから受信してんのよ状態。
So-net もこんなメールを迷惑メールにしなくてどうするのレベルでした。

FT-897D が戻ってきました [Other]

 昨日、八重洲から FT-897D が戻ってきました。

八重洲からは「点検の結果、送受信、モード、感度ともに異常なし」との回答で、修理費は¥0でした。
そのリグが返ってきたので電源コードを繋いで確認してみるとやはり電源が入りません。
電源コネクタを外して電圧を測るとちゃんと出ています。
(・・?、となって電圧を測り直すと電圧が出ていません。 (x_x)
電源コードを持ち直すと電圧が出ます。 ありゃ、断線しかかっているかと思い、電源コードの導通を見ると安定して導通しています。
(・・?、となりながら DC 電源を分配している分配器を見るとねじ止めの端子が怪しそうです。 何度か端子を緩めたり、締め直したりしていると安定して電圧が出るようになりました。
MFJ-1118 という DC 電源分配器を使っているのですが、その端子の接触不良が発生していたようです。
長い間に分配器の端子とコードの矢形端子の間で絶縁膜が出来ていたようです。
たまには端子も点検しろという天の声と思いました。

それにしても点検してくれたのに修理費が無料という八重洲の態度には好感が持てました。

FT-897D が壊れた (;_;) [Other]

 2011年に購入した FT-897D が壊れてしまいました。

いつものように日曜朝の 144MHz CW Roll Call に参加していたところ、突然電源が落ちました。
前のロールコール参加時も最初に電源が入らず、しばらくすると入ったのでそのまま使っていました。
今朝は電源を入れようとしたところ電源が入らず、代わりに内蔵バッテリーオプションを使うと電源が入るのでそれで交信していました。 ですが、交信の最後で突然電源が落ちてしまい、あとは全く反応しません。
これから修理に出そうと思います。
ここのところ配線ミスをしたり、リグが壊れたりとトラブルが多いので、どこかでお参りして難を避けたいところです。

10km を 60 分で走るための減量はどのくらいかを計算してみた [Other]

 先日、科学的トレーニングという言葉に惹かれて下記の本を買ってしまいました。

ここに自分の速度から減量の度合いによってどのくらい走行時間が短縮できるかの計算方法が載っていたので試しに 10km を 60 分で走るには何キロの減量が必要かを計算してみました。

計算方法は生理学的な推定法を使っています。
まず 10km を走る時の平均速度を出します。
今、10km を 70 分くらいで走っているのでその平均速度は、142.9m / 分。
これからその時の酸素摂取量を計算すると、32.1mL / kg / 分。
今の体重 66kg では、酸素摂取量全体は 2116.7mL / 分。
これを 10kg 減量して、同じ酸素摂取量で、目標体重の 56kg で割ると、酸素摂取量は 37.8mL / kg / 分。
これを使って体重 56kg の時の平均速度を計算すると、171.5m / 分。
これで 10km を走る時間を計算すると、58.3 分。
つまり、10km を 60 分で走ろうとすると、約 10kg の減量が必要という結果になりました。
う~ん、厚木市民マラソンへの参加条件はかなり厳しい。

こんな事が.... [Other]

 JR-599 を仮置きするのに SteppIR のコントローラーを移動しました。

そしたら中からカラコロとネジが転がるような音がします。
ケースを空けて確認するとこんなものが出てきました。
DSC06251.JPG
DSC06253.JPG
でも、どこにもこのネジを使うところがありそうにありません。
様子を見ようと思います。

第21回 「震災対策技術展」横浜 に行ってきました [Other]

 昨日、第21回 「震災対策技術展」横浜 に行ってきました。

興味を引いたのは
① 大規模災害時の被災状況把握システム
② 非常時対応型浄水装置 TOPレスキューROⅡ
③ YAMAHA EF900iSGB
の3点です。
① は NICT(情報通信研究機構)が開発した仕組みで、Twitter の情報を検索して各種の災害情報を一覧的にみられるシステムです。
② は可搬可能な浄水装置で太陽光パネルを付けると自分で電源も確保できる装置です。 リヤカーのように引いて歩く事ができます。
③ はヤマハ版のカセットガス式発電機です。 他社との違いはさほどなさそうです。 でも、ちょっと物欲が....
disaana.jpg
ROII.jpg
EF900.jpg

タイト・カップリングを手に入れる [Other]

 先日、ローカルの OM さんからバーニア・ダイアルを頂きましたが、これを活用するにはバリコンとタイト・カップリングが必要です。

それで以前にもらっていたジャンクのチューニング・ユニットをばらしてタイト・カップリングを手に入れました。
同時にタイト・バリコンも手に入りました。
➀ 頂いたチューニング・ユニット
DSC06231.JPG
② 取り外したもの
DSC06232.JPG
タイト・カップリングは 4個使われていました。
タイト・バリコンは 120PF の物が 4個、30PF の物が 2個、50PF のトリマ 1個と 5PF のトリマ 2個です。
このユニット、何かのプロ用と見えて、小容量のバリコンには羽にスリットが入れてあり、微妙に間隔を空けて調整した後があります。
DSC06233.JPG
③ コイル・ユニット
DSC06235.JPG
コイル・ユニットもあるのですが、これは活用が難しそうなので廃棄予定です。

XPEAIR の OS が Android 7.0 になった [Other]

 XPEAIR の OS が Android 7.0 になりました。

昨年末に HTC-J を XPEAIR に換えています。
今朝見ると、OS アップデートの通知が来ていました。
やってみると OS が 7.0 に上がっています。
何が変わったのかはおいおい見ていこうと思います。
Screenshot_20170124-120228.png

The Helen Laughlin AM Mode Memorial Scholarship [Other]

 QST の2月号を見ていたら、面白い記事を見かけました。

それは ARRL の新しい奨学金を伝えるものです。
ARRL は多くの種類の奨学金制度を持っていますが、それに新たに2つの奨学金が加わったというものです。 その一つが
The Helen Laughlin AM Mode Memorial Scholarship
です。
その条件に
Applicants must be enrolled in an accredited 4-year college or university, and hold a General or higher Amateur Radio license. It is suggested that the applicant have made a contact in AM mode, but this is not a requirement.
とあり、アマチュア無線のライセンスが必要なのは勿論ですが、AM モードでの交信も必須ではないですが加えられています。
この奨学金、内容が結構面白いです。
女性のアマチュア無線家が優先で、尚且つテキサス州在住者が優先になっています。
Laughlin-Beers もググったのですが、奨学金制度以上の事は良く分かりませんでした。
The Helen Laughlin AM Mode Memorial Scholarship — a scholarship intended for women Amateur Radio operators — is funded through the generosity of the Laughlin-Beers Foundation and is intended exclusively for educational use — to provide assistance with the costs of tuition, room, board, books, and/or other fees essential to the advanced education of the recipient.

Preference is given to Texas residents, but if no qualified applicant is identified, preference will be given to residents of Arkansas. If no qualified applicant is identified there, preference will be given to applicants residing in the ARRL West Gulf or Delta Divisions — the states of Texas, Oklahoma, Arkansas, Louisiana, Mississippi, and Tennessee. If no women qualify, then the award will go to a qualifying male applicant.

The scholarship award will be $1,000 annually, with the first scholarship granted in 2017.

The Atlanta Radio Club Scholarship

Apple ][ の回路図 [Other]

 先日、Macintosh Plus の回路図が出てきた事を書いたので、今日は Apple ][ の回路図を書いてみます。

Apple ][ のマニュアルにはハードウェアと ROM ソフトウェアを詳細に解説した reference manual があります。
それには全回路図とメモリー配置、ハードウェアのアクセス方法、ROM モニター使い方、等々が詳細に記述されています。 ROM モニターのリストも付いており、最初のところには Wozniak の名前も書かれています。
DSC06206.JPG