So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

新たな SDR トランシーバーが QRPver から出ました [SDR]

 ウクライナの QRPver から新たな SDR トランシーバーが出ました。

All-band, 10-band HF SDR transceiver Minion SDR
Screenshot_27-700x400.jpg
P90626-161323-700x400.jpg
仕様をざっと引用すると
Specifications:
Supply voltage: 9-14.8v (Rated supply voltage 13.8v)
Current consumption in receive mode “RX” and 25% volume: 220mA. At 100% volume: up to 280mA.
Current consumption in “TX” transmission mode: 600-1600 ma. max.
The output power of the low frequency amplifier: 1w.
Nominal transmitter output power: 5W. (at rated supply voltage). And more, Maximum 9W.
The input output impedance of the antenna input is 50 ohms.
Receiver sensitivity: <0.5uV.
Carrier Suppression: > 50dB.
Non-working sideband suppression: > 50dB.
Dynamic range of the AGC system: > 60dB.
The spectrum display band on the display is 14 kHz. (Zoom x1).
などです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6m / 2m バンドの将来(IARU の CEPT 参加報告から) [Operation]

 今日届いた ARRL のメールマガジンに IARU(International Amateur Radio Union)が CEPT(European Conference of Postal and Telecommunications Administrations)に参加したレポートが載っていました。

ここに気になる動きがあります。
ITU Region 1 では、6mが二次使用、2mが一次使用になっています。
これを6mの一部を一次使用に格上げし、2mをアマチュアバンドから取り上げようとする動きがあります。
その部分の和訳を引用すると
「もしそれが参加者によって採択されれば、Region 1 のための国際割当表のエントリーを見て、二次的にアマチュア無線に50 - 52MHzを割り当てるでしょう。
さらに、チームは、個々のCEPT諸国が50.0 - 50.5 MHzのサブバンドに国内の一次割当を導入することを認めるために、国際表に脚注を追加することに合意した。
IARUは8月下旬にCEPTの会議準備グループ(CPG)の最終会議に出席し、WRC-19へのCEPTの意見をまとめます。この会議では、主に144 - 146 MHzを航空サービスに割り当てるというフランスの提案が検討されます。」
と書かれています。
これが通ると、他の Region 2、Region 3にも波及しないかが気になるところです。
今のところ、ARRL としての動きは書かれていません。
JARL はこれに対してどのような態度を取るのでしょうか。
Region 1 のアマチュア無線家が2mバンドを取り上げられないように願うだけです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Banggood.com から preorder していた NanoVNA が届きました [Measuring equipme]

 preorder してからだいぶ経ってしまい、忘れそうだった NanoVNA が Banggood.com から届きました。

最近、eBay での購入情報がネットでも話題になっていたので、そういえば preorder してたよなと思っていたら、届きました。
〔届いたもの〕
DSC07441.JPG
〔中身〕
DSC07442.JPG

これからアプリをインストールし、ユーザーマニュアルを見ながら動作確認をしてみます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PC を Windows 10 1903 にアップデートしました [PC]

 Windows Update に案内が来たので、1903 にアップデートしてみました。

1903.jpg
アップデートした理由は次の機能を使いたかったからです。
cursor.jpg
これでマウスポインターやカーソルが見やすくなる筈です。

う~ん、カーソルはアプリによっては変わらないなぁ (´;ω;`)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

センサーライトの電球交換(ハロゲン電球から LED 電球へ) [Other]

 しばらく前からセンサーライトが点かなくなっており、気になっていたので重い腰を上げて修理してみました。

センサーライトは太陽電池でバッテリーを充電しながら使うタイプです。
太陽電池からの電圧を調べるとちゃんと出ています。本体の単三型の充電池を見ると、こちらもちゃんと電圧が出ています。
外からは見た目、大丈夫そうに見える電球部分を外してみると、ハロゲン電球が切れていました。
ネットでググると、ソケット形状が同じで動作電圧も同じ 6V の LED 電球が見つかりました。
これです。
2177-3103_05.jpg
仕様は
Rated voltage: DC 6V
Interface: G4
Pin: G4 0.8mm
Color temperature: 6000-6500K
Luminous flux: 110LM
Light angle: 360 degrees
サイトの情報からは 6V で約 0.3W の消費電力のようです。
で、こちらに変えてみました。
DSC07439.JPG
実際に夜の点灯状態を見ると、ハロゲン球より気持ち暗い感じがしますが、使用上は問題なさそうです。

購入したサイトはこちらです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Straight Key CQer [Morse]

 U.S. CQ誌6月号に縦振り電鍵を使った自動キーイング装置の記事が出ていました。

どんな動きをするのかというと、縦振り電鍵のツマミをサーボモーターで押し下げています。
機構部の写真がこれです。
F9AA8918-8E2C-4F55-8D00-13E4BA648804.png
で、動いているところがYouTubeにあります。
https://m.youtube.com/watch?v=g52sNoKuvp8&feature=youtu.be
笑撃というか、なんか笑えます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ZL3DW OM による IC-7300 の解説書が出ています [HF]

 ZL3DW OM が IC-7300 の解説書を書かれています。

タイトルは「The Radio Today guide to the Icom IC-7300」で、Kindle 版とペーパーバック版があります。ちょっと覗いてみようかと思ったのですが、Kindle 版でも $8.13 と高めなのと、内容が通り一遍のような感じなので止めました。

〔表紙〕
cover.jpg
〔目次〕
index.jpg
〔価格〕
price.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「freeml byGMO サービス終了のお知らせ」が来ました [Other]

 メールをチェックしていたら「freeml byGMO サービス終了のお知らせ」が来てました。

確認したら、CW 関係と QRP 関係のメーリングリストが使っていました。
あぁ~、またメーリングリストの引っ越し作業をしないといけないようです。
受け取る側よりも管理者の方のほうが大変でしょうけど、厄介です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

地表面 架設(OM)アンテナの実験、中間まとめ [Antenna]

 地表面 架設(OM)アンテナの実験、中間まとめです。

地面の上に直に架設するOMアンテナの実験、中間まとめです。
以前のシミュレーションから、OMアンテナの特性は地面の状態にかなり影響を受ける事が予測されました。
https://sdr-de-bcl.blog.so-net.ne.jp/2018-11-24
また、マッチングを取る方法も考えないといけません。
対象のアンテナ形式として、EFHWを想定し、1:9のUnUnを使う事とし、架設する場所を変えてその影響を見てきました。
https://sdr-de-bcl.blog.so-net.ne.jp/2019-05-13
https://sdr-de-bcl.blog.so-net.ne.jp/2019-05-17
https://sdr-de-bcl.blog.so-net.ne.jp/2019-06-02
https://sdr-de-bcl.blog.so-net.ne.jp/2018-12-28
乾燥した土の上、草地の上、少し湿った土の上、下に水分があるコンクリートの上
と試してきましたが、水分のあるところの方がSWRが下がるところが出やすい傾向にあります。
次は、水分のある土の上でカウンターポイズ1m、エレメント長17.85mを目安に7MHzでアンテナ・エレメントを同調させ、その時のSWR、Z、スミスチャートを測ってみたいと思います。

次回の実験予定は未定ですけど。(^_^)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今朝の6mは小笠原、母島の局が聞こえていました [VHF/UHF]

 今朝の6mは小笠原、母島の局が聞こえていました。

シグナル・レポート57で聞こえていたのですが、移動局の50Wでは拾ってもらえず、諦めました。
アンテナは SteppIR 2 ele で、50MHz に設定し、ビームも向けたのですが、ダメでした。
また、ワッチしてみようと思います。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10W 40m-10m Ununtenna BALUN 9:1 with BNC interface Portable BALUN を使ってみました、その4 [Antenna]

 10W 40m-10m Ununtenna BALUN 9:1 with BNC interface Portable BALUN を使ってみました、その4です。

今日のOMアンテナ実験結果です。
今回の実験場所は江の島の防波堤の上です。
今回の使用機材は1:9アンアンに16mのエレメントと10mカウンター・ポイズを防波堤の上のコンクリートの上に伸ばしました。
今回はグリッド・ディップ・メーターを持参し、ディップ点も測定しています。
それぞれディップした周波数は 12.4MHz、5.95MHz、2.95MHzでした。
SWR のグラフとは微妙にずれていますが、弱いですが、微かにディップ点は見つけられました。
しかし、ディップしたところが共振周波数なのか自信はありません。今度は 1 port の VNA と PC の VNA ソフトウェアで Z と スミスチャートを測ってみようと思います。
〔今回の測定結果〕
1.jpg
〔以前、同じ長さで土の上で測定した結果〕
6.jpg
下の方で SWR が下がる周波数があるのは似ていますが、あとはちょっと様子が異なっています。
〔マーカーは 8.8MHz〕
2.jpg
〔マーカーは 5.8MHz〕
3.jpg
〔マーカーは 2.5MHz〕
4.jpg
〔6MHz 付近の拡大〕
5.jpg

〔グリッド・ディップ・メーターでの測定風景〕
6n.jpg
エレメントの端子間に2ターンのコイルを入れて、そこでグリッド・ディップ・メーターと結合しています。これだけ結合を強くしてもディップはわずかで、よく見ていないと分からないぐらいです。

今回は時間がなくて、リグを繋いで実際の電波を聴く事ができませんでした。
次回、土の上でグリッド・ディップ・メーターを使い、7MHz でディップするようにエレメントの長さを調整して、その時の様子を見てみたいと思います。
その際、カウンターポイズはもっと短くしてみるつもりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動用ソーラー電源の DC-DC コンバータをプラスチック・ケースに入れてみた [Operation]

 先日の移動用ソーラー電源で使うのに作った DC-DC コンバータをプラスチック・ケースに入れてみました。

ケースは100均で買ったものです。
これにケーブルが通る穴を開け、両面テープで基板を固定しました。
〔中の様子〕
DSC07427.JPG
〔外観〕
DSC07428.JPG

これで少し持ち運びが楽になりました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今朝の6mは沖縄と鹿児島が聞こえていました [VHF/UHF]

 今朝の6mは沖縄と鹿児島が聞こえており、交信できました。

CQ に応答するも拾ってもらえず、信号が上がってきたタイミングで呼んで、鹿児島 曽於市の局と SSB で QSO できました。
CW も信号が聞こえていたのですが、こちらは時間がなくて呼べませんでした。
DSC07426.JPG
これから6mが面白そうです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Dayton FDIM / hamvention 2019 での QSX 情報 [QRP]

 QRP Labs に Dayton FDIM / hamvention 2019 での QSX 情報が載っていました。

詳しくはこちら。
http://www.qrp-labs.com/dayton2019.html

ここにリンクされている資料に面白い記述がありました。
So, really, “what is SDR” is a matter of degree. The conventional conversion to baseband, THEN Digital Signal Processing that has been called SDR for the last two decades, is still real SDR. You are still replacing quite a number of analog hardware circuit blocks by digital processing in a computer (whether embedded or general purpose).
The significant disadvantages of the DDC approach to SDR are the requirement for very high performance, fast ADC chips (which are expensive and power-hungry), and very fast computer processing (which is also expensive and power-hungry).
In the QSX transceiver, since the aim is very high performance at a very low cost, with today’s technology QSX is incompatible with the DDC approach.

そう、まさに QSX は SDR トランシーバーそのものだったのです。
DSP 処理に使っているのは、the STM32F4 family by ST Microelectronics; it is a powerful 32-bit ARM processor running at 168MHz clock speed です。
これでオーディオ信号を処理して音声帯域での直交(IQ)信号を作り、Si5351A で作った RF の直交信号と掛け合わせてダイレクトに送信するバンドでの SSB 信号を作りだしています。
う~ん、QRP ポータブル機の理想形がここにあるって感じですかね。
ちなみに公開されているブロックダイアグラムはこれです。
QSX-Arch.jpg
発売が待ち遠しい。

これ買って作ったら KX3 は出番が無くなりそう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動用ソーラー電源を作ってみました [Operation]

 移動用にソーラー電源を作ってみました。

どこかでソーラーパネルで移動運用している写真を見かけたので作ってみました。
ソーラーパネルは移動で使う事を考え、モバイル・バッテリーの充電器を流用しています。
これです。
DSC07423.JPG
USB ポートは 5V2.4A × 2個あり、合計で 3.2A まで取れます。
容量的には 16W ですが、DC-DC コンバータの効率を 80% 程度として、12.8W 取れます。
CW QRP 機の効率を 50% とすると 6.4W 程度のパワーまで出せそうです。
KD1JV OM の ATS-4b なら動くのではないかと思っています。
DC-DC コンバータは aitendo のキットを使いました。
DSC07424.JPG
電源分配は Power Pole の分配機を考えています。
Power Pole は抜き差しが容易で、電流容量が高く取れるので便利です。
DSC07425.JPG
あとで百均で適当なケースを探して入れてみようと思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファクシミリ用子機の修理(その2) [Other]

 ファクシミリ用子機の修理、その2です。

オークションで子機を手に入れ、ファクシミリ本体とペアリングしようとしたのですが、暗証番号が異なるようで子機を認識しても登録されません。
取説をダウンロードして、いろいろやってみたのですが、ダメでした。
そこで、壊れている液晶をオークションで手に入れた子機の液晶と交換する事にしました。
〔液晶パネル交換〕
液晶はこの下に。ネジ2本を外してプラスチックのホルダーを外します。
DSC07411.JPG
壊れている液晶
DSC07412.JPG
交換したところ
DSC07413.JPG
ちゃんと表示が出ます。
〔再組み立て〕
スピーカーのコードが外れたので、半田付けしなおします。
DSC07417.JPG
DSC07418.JPG
このあと、裏蓋の取り付けで問題発生。
本体の爪と裏蓋を合わせて嵌め込み、動作を確認して裏蓋をネジ止めすると、メンブレンのスイッチが押されてしまい、ボタンを押しても反応しません。
仕方がないので、裏蓋をパッチンで嵌め込んだだけでネジ止めしないで使う事にしました。
バッテリーを繋ぎ、充電スタンドで充電すると液晶の表示がされています。
DSC07421.JPG
取り敢えず、子機の修理はここまでとします。
ケースのネジ止めは、後日考えようと思います。
無理にネジ止めしなくても、ケースのパッチン嵌めで大丈夫そうです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10W 40m-10m Ununtenna BALUN 9:1 with BNC interface Portable BALUN を使ってみました、その3 [Antenna]

 10W 40m-10m Ununtenna BALUN 9:1 with BNC interface Portable BALUN を使ってみました、その3です。

今日のOMアンテナ実験結果です。
今回の使用機材は1:9アンアンに16mのエレメント+5mの追加エレメント、いつもの10mカウンター・ポイズを土の地面の上に伸ばしました。リグは前回同様、KX3、ATU内蔵です。
これでエレメント延長結果の差が見られるはずです。
しかし、測定結果は前回とあまり変わらない結果となりました。
何故に? と疑問が。

運用してみると、10MHzで7エリアへの移動局が強力に聞こえましたが、高速CWで耳が付いて行かず、呼べませんでした。何度か聞いてやっとコールサインが分かるしまつです。情けない(涙)
16MHz±15MHz
1_n.jpg
前回の測定結果
2_n.jpg
比較してみると、今回の方が 8MHz 近辺で SWR が落ちていますが、思ったほど周波数が落ちていません。この結果が (・・? です。
マーカーは 11MHz
2_n.jpg
マーカーは 8.8MHz
3_n.jpg
マーカーは 4MHz
4_n.jpg
14MHz±12.5MHz
5_n.jpg
10MHz±2MHz
6_n.jpg

もう手持ちのケーブルがないので、ロング・ワイヤーのケーブルを継ぎ足して特性の変化を見てみます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トランジスター・アンプの修理

 トランジスター・アンプの修理と言っても、壊れていそうな Power MOS FET はもう手に入らないので、動いているものをオークションで購入してあり、その基板との入れ替えです。

オークションで手に入れたものは、筐体にかなり傷があり、直すのは難しいので、前面パネル、サイドのケース板、天板を傷が少ない壊れたアンプのものと入れ替えています。
それでエージングをかけて、問題なさそうなのでケースを固定しました。
内部の様子です。
電源トランス
DSC07399.JPG
電源部
DSC07398.JPG
電源部
DSC07400.JPG
終段
DSC07401.JPG
ここの MOS FET が壊れているだろうものです。
前面パネル
DSC07405.JPG
前面パネル
DSC07406.JPG
銘板
DSC07410.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HeyWhatsThat Path Profiler で丹沢 大山、八溝山、八ヶ岳 赤岳、北アルプス 燕岳を [VHF/UHF]

 今度は、丹沢 大山、八溝山、八ヶ岳 赤岳、北アルプス 燕岳です。

丹沢 大山(範囲を広げています)
丹沢 大山.jpg
八溝山
八溝山.jpg
大山とのパス(大山から八溝山までパスが通っているので、交信できそうです)
八溝山-丹沢 大山 パス.jpg
八ヶ岳 赤岳
赤岳.jpg
北アルプス 燕岳
燕岳.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HeyWhatsThat Path Profiler で檜洞丸、丹沢山、筑波山を見てみました [VHF/UHF]

 今度は、檜洞丸、丹沢山、筑波山です。

檜洞丸
檜洞丸.jpg
丹沢山
丹沢山.jpg
筑波山
筑波山.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -