So-net無料ブログ作成

K3NG キーヤーの WinKey エミュレーションを試してみた [Morse]

 K3NG キーヤーの WinKey エミュレーション機能を有効にしたので、動作を試してみました。

使ったアプリケーションは CTESTWIN です。
起動して CW(W) メニューをクリックし、CW パラメータ設定を選びます。
するとこの設定画面が出ます。
CW-Set.jpg
コールサインを自分のコールサインに修正し、CW ポートで WinKeyer を選び、自分の環境に合わせてポートを選択します。
WPM.jpg
すると上部に赤で囲んだようにキーヤーから取得した速度が表示されます。
CW 送信文字モニタを選ぶと送信している文字が表示されます。
TX-mon.jpg
キー入力で CW 送信を選ぶと一文字ずつ送信できます。
なかなか便利なので、手打ちを止めたくなってきた。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K3NG キーヤーで straight key をサポートしてみました [Morse]

 K3NG キーヤーでは straight key をサポートできます。

で、やってみました。
変更点は
features_and_options.h ファイルで
feature.jpg
赤線のコメントアウトを外します。
次に、
keyer_pin_settings.h ファイルで
pin.jpg
ストレート・キーを接続する Pin を指定します。
ここでは Arduino Mega に合わせて 52 Pin にしていますが、配布したシールドの場合は D6 ~ D10 が空いていますので、そのうち適当な Pin を指定してください。
これでパドルとストレート・キーを同時に使えます。
DSC07459.JPG

また、起動時にはスピード・コントロールの VR が有効になっておらず、コマンドで有効にしないといけませんが、次の設定を keyer_settings.h ファイルに入れる事で最初から使えるようになります。
potentio.jpg

K3NG キーヤーは、WinKey もサポートしているので有効にしてみました。
コンパイルとダウンロードは問題なくできたので、この後、動作を試してみます。
ただし、PC と接続したことがないので、まず、アプリケーションを探すところからです。
winkey.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K3NG キーヤーで straight key をサポートする方法が分かりました [Morse]

 K3NG キーヤーで straight key をサポートする方法が分かりました。

GitHub のドキュメントを見て回っていたら見つけました。
引用すると、
Straight Key Support
There are two ways to use a straight key with the keyer:
Go into straight key mode by holding down the right paddle when powering up or power resetting. This places the keyer exclusively in straight key mode with very limited functionality. Activate FEATURE_STRAIGHT_KEY in features_and_options.h and define pin_straight_key in keyer_pin_settings.h . Grounding the pin with a straight key will give you straight key operation in parallel with paddle operation and still give you access to the all the normal keyer functionality. (The straight key does not work in command mode, however it can be used to program memories when used with FEATURE_STRAIGHT_KEY. )
とあります。
さっそく試してみようと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CW INVADER のケース・キットを組み立てて、シールを貼りました [Morse]

 ハムフェアでゲットした CW INVADER 用ケース・キットを組み立てて、シールを貼りました。

完成写真です。
DSC07458.JPG
久しぶりに遊んでみましたが、相変わらずストレート・キーでは悲惨な結果です。
開発者の方に、短点の認識時間を 75mSec 以下にしているので、短点がうまく認識されず、長点になっているのではとアドバイスを頂きました。それでなるべく早く短点を打つように心がけているのですが、まだまだ認識が良くありません。自分の不器用さが嫌になります。パドルでも早く打てないし、高速で打てる方を見ると神の手のように感じてしまいます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Straight Key CQer [Morse]

 U.S. CQ誌6月号に縦振り電鍵を使った自動キーイング装置の記事が出ていました。

どんな動きをするのかというと、縦振り電鍵のツマミをサーボモーターで押し下げています。
機構部の写真がこれです。
F9AA8918-8E2C-4F55-8D00-13E4BA648804.png
で、動いているところがYouTubeにあります。
https://m.youtube.com/watch?v=g52sNoKuvp8&feature=youtu.be
笑撃というか、なんか笑えます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CWインベーダーROMアップデートを行いました [Morse]

 CWインベーダーのROMをアップデートしました。

開発者のサイトでアナウンスしていたので、申し込んだのですが、すぐに届きました。
スタート画面でバージョンを確認すると、最新版になっています。
DSC07336.JPG
案内はこちらです。
CWインベーダーROMアップデート頒布のお知らせ(Version5 ROM頒布)
http://project59.blog.fc2.com/blog-entry-708.html

相変わらず、縦振り電鍵では悲惨な結果しか出せません。
nice!(1)  コメント(0) 

チェコスロバキアからミニ・パドルがやってきた [Morse]

 チェコスロバキアのハム・ショップ hamshop.cz からミニ・パドルがやってきました。

これです。
Mini Iambic Magnetic Morse Paddle MK2
DSC07221.JPG
説明には
Mini Iambic Magnetic Morse Paddle, great for SOTA or portable operation.
New improved version.
Weight only 35g. Connection to keyer or radio is made by standard 3.5mm JACK.
Rasppberry red / grey.
とあります。
で、届いたパドルにはLレンチが付いており、これでパドルの隙間を調整するようです。
価格は日本への送料も入れて約3,800円です。注文して1週間で届きました。
さっそく試しに使ってみたら配線が日本のパドルと変わっており、短点が右側パドルに、長点が左側パドルに配線されています。まぁ、エレキーの設定で入れ替えるか、接続ケーブルの配線を変えれば良いのですが、お国柄でしょうか。
使った感じは、裏側に磁石が付いており、鉄板の上では結構強く固定されます。
軽くて小さいので移動運用には良さそうです。
(下手糞なのにパドルばかり集めるなと言わないでね (^^♪ )
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

最初は伝信だったのね [Morse]

 一昨日、無線局の免許状を受け取りに九段へ行った帰りに上野に寄って「日本を変えた千の技術博」を見てきました。

そこで知った事。
最初の電信事業では「伝信」という字が使われています。
裁判所の内容を伝えるのですから「信」を伝えるで「伝信」なのでしょうね。
1_n.jpg
それがどこかの時点で「電信」に変わっています。
「電気」で「信」を伝えるから「電信」と変わったのでしょうか。
2_n.jpg

この特別展は興味深いものばかりでなく、大学や入社当時に身近にあったものもあり、懐かしかったです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CW INVADER キットを組み立てて、遊んでみました [Morse]

 プロジェクト59 さんが配布されている CW INVADER キットを組み立てて、遊んでみました。

このキットは縦ぶり電鍵を繋いで出てきた文字のモールス・コードを入れると文字をクリアでき、何個消せたかで決まるスコアを競うものです。
ちゃんとしたコードを入れないと文字を認識してくれないので、縦ぶり電鍵の打鍵練習ができます。
組み立てて、トライしましたが悲惨な結果でした。
ちゃんと打鍵しないとダメですね。試しにエレキーを繋いでトライすると、ちゃんと文字を認識してくれます。つまり、私の打鍵が正規の符号規則を満たしていない事が明白です。
練習あるのみですね。
これは起動したところ
DSC06985.JPG
右から文字が出てくるので、左端に来る前に迎撃しないとゲームオーバーになります。
一次元のインベーダーゲームです。
DSC06986.JPG
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

A1 CLUB 20周年記念電鍵にケーブル配線をしました [Morse]

 先日、A1 Club から「A1 CLUB 20周年記念電鍵」が届きました。

電鍵は完成しているのですが、使うには接続ケーブルを半田付けしないといけません。
なんとか重い腰を上げて配線してみました。
縦振れ電鍵部の配線
キーの配線
DSC06751.JPG
アースの配線
DSC06752.JPG
パドルの配線
パドルへの接続
DSC06753.JPG
シールド外皮の配線
DSC06754.JPG
横から
DSC06755.JPG
ベース
ベースにもシールが付いてきています。
DSC06756.JPG
テスト
配線チェックのため、ダミーロードを繋いだ KX3 に接続して動作を確認してみました。
DSC06757.JPG
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

telegraph key circuit closer [Morse]

 U.S. の古いストレート・キーに付いているレバーが気になっていたのですが、やっと分かりました。

その名前は circuit closer でした。
Top_L.jpg
で、その動作は常に端子間をショートして、チューニング動作をしやすくするものでした。
説明はこちらにあります。
http://www.kd2uj.com/telegraphy/my_keys/keyparts.html
これ、パテントにもなっています。
https://patents.google.com/patent/US813512

モールス・キーの雑学でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第38回KCJコンテストの結果が届きました [Morse]

 本日、第38回KCJコンテストの結果がメールで届きました。

日曜日、1時間だけの参加で 1QSO しかできていないので、参加クラスで最下位でしたが KCJ より結果通知が届きました。
KCJ-result.jpg
結果、QSO 成立で順位も付いたようです。
メンバーではないですが、結果の載った会報も PDF でいただけました。
来年も参加してみようと思います。
トップバンド・コンテストもあるのですが、アンテナがありません。
トップバンドで MLA とかを作っても大きいんだろうなぁ....
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HAMLOG に A1CLUB のメンバーリストを組み込んでみました [Morse]

 HAMLOG に A1CLUB のメンバーリストを組み込める事は知っていたのですが、やっていませんでした。

今までの少ない CW 運用でどのくらい A1CLUB の方と QSO しているのかを知りたくなって組み込んでみました。 そこで表示機能から QSO 済みの局を調べると、46 局ありました。 そのうち、6 局は DX の方でした。
もっと頑張って CW QSO を増やさないといけませんね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

和文モールス・コードの習得に苦労しています [Morse]

 ここのところ、何度目かの和文モールス・コードの習得にトライしています。

今まではアから始めてアイウエオ順に憶えていたのですが、先に進むと前のコードを忘れてしまい、また戻って憶えようとすると先のコードを忘れてしまいの、堂々巡りをしていました。
今回はローカルの OM さんのアドバイスをいただき、単語単位で憶えていこうとしています。
例えば、名前とか挨拶とかです。
まだ始めたばかりですが、なかなか良さそうに思います。
リグにキーヤーを繋いで、モニター音を PC に取り込み、DSCW でデコードしています。
時々、キーヤーとストレイト・キーを使い分けて、ストレイト・キーの勉強もしています。
ストレイト・キーは手が疲れて、長く打てません。
ずっとストレイト・キーで交信している OM さんには感心してしまいます。

あ~、でも道は遠いなぁ。
ストレイト・キーの習得は、来年、1月1日に行われる ARRL Straight Key Night に間に合うだろうか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

講談社が出している音声認識の解説本を買いました [Morse]

 講談社が出している音声認識の解説本を買いました。

モールス信号を音声認識で解読する事を妄想していますが、まずは音声認識自体の概要を知りたくてこの本を買いました。
版元が講談社というところに驚きましたが、良さそうなので買ってみました。
音声認識技術の概要を知るには良さそうです。 これで用語を理解してみようと思います。
〔目次〕
第1章 はじめに
第2章 音声とは
第3章 統計的パターン認識
第4章 有限状態オートマトン
第5章 音声からの特徴抽出
第6章 音声の認識:基本的な音響モデル
第7章 音声の認識:高度な音響モデル
第8章 音声の認識:言語モデル
第9章 音声の認識:探索アルゴリズム
第10章 音声の認識:WFST の演算
第11章 音声の認識:WFST による音声認識
第12章 意味・意図の解析
第13章 音声対話システムの実現に向けて
第14章 おわりに
      ここで各ツールキットの解説が出ています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

映画「ドリーム」の中のモールス信号 [Morse]

 A1CLUB のメーリングリストで映画「ドリーム」の中でモールス信号が聞こえてくるという報告があり、今日、海老名のTOHOシネマズで見てきました。

たしかに、ガガーリンの有人宇宙飛行が成功したニュースを伝える場面でラジオからニュースの初めのところで ATTENTION と入っています。
私の耳では TT と TION だけが判別できました。 これを突然聞いてちゃんとコピーできる A1CLUB の OM さん達には脱帽です。
ところで、アメリカではラジオ・ニュースの最初にモールス信号で ATTENTION と入れるのが普通に行われていたのでしょうか?
たぶん時代考証もちゃんとやっているのでそうなんだろうと思います。

この映画、IBM 7090 が出てくるのですが、動いているのを初めて見ました。 パンチカードを読んで、磁気テープが動き、ラインプリンターが印字するのですが、良く動いたなと思います。 本当に動かしているのかどうかは分かりませんけど。
キャプションには IBM の字がありました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第38回KCJコンテストに参加しました [Morse]

 日曜日の空いた時間に「第38回KCJコンテスト」に参加してみました。

K2 + KPA100 で参加してみたのですが、なかなかコンテスト参加者を見つけられません。
7MHz でようやく CQ CQ KCJ TEST と打っている局を見つけ、レポート交換を行いました。
KCJ コンテストでは RS レポート+運用場所という楽なレポート形式です。
他の局が見つけられず、14MHz でワッチしてみると同じく CQ を出している局が見つかったのですが、用事が出来てしまい、QSO ならずでした。
結局、1時間弱の参加で1局だけとの QSO でした。
それでもログの照合があるので、オンラインでログの提出を行いました。
あ~、しばらく CW Freak.NET をやっていないので、早い CW が全然取れなくなっています。
また受信練習を再開しないとダメかなぁ....
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

QRPGuys Iambic Mini Paddle with Base を作りました [Morse]

 先日、移動用にと思って注文していた QRPGuys の Iambic Mini Paddle with Base が届いたので作ってみました。
買ったのはこれです。
http://qrpguys.apps-1and1.com/iambic-paddle-wbase

〔届いたもの一式〕
DSC06413.JPG
組み立て説明書は PDF をダウンロードするようになっています。

〔組み立て〕
機構部は基板を組み合わせて作るようになっています。
DSC06414.JPG
機構部が完成
DSC06415.JPG
レバー部を組み立てて完成
DSC06416.JPG
パドルの金属板が柔らかいため、かなり柔らかいフィーリングです。
今度、移動時に試してみようと思います。
今まで使っていた物とはかなりフィーリングが異なりますが、どっちが良いか試そうと思います。

A1 CLUB QSO PARTY 2017 に参加 [Morse]

 今日まで A1 CLUB QSO PARTY 2017 が開催されています。

詳しくはこちら
http://a1club.net/events/PTY/pty.htm

今年は昨日と今日で何とか記念品の基準(5 QSO)をクリアしたので、明日、Web からエントリーして記念品に応募するつもりです。

NOVICE RIG ROUNDUP 2017 [Morse]

 Facebook を見ていたら表題のようなイベントが紹介されていた。

NOVICE RIG ROUNDUP 2017
説明を見ると
DESCRIPTION: A thrilling period of amateur radio activity in February where radio amateurs
contact stations using vintage ham radio equipment from the early era of the NOVICE LICENSE.
Any licensed radio amateur may participate using any equipment and the object is to contact novice style stations built prior to 1980.
とあるのでビンテージ、もしくは自作のリグを使ってアマチュア無線を始めたころの気分に戻って平文で情報交換を行う事を目的にしているイベントのようである。
でも、商品が結構良くて、VIZ KEY である。
本来なら2球真空管CW送信機とJR-599で参加したいところだけど、動いた事を確認しただけなので、K2 でも参加できるのかな。