So-net無料ブログ作成

移動用ソーラー電源の DC-DC コンバータをプラスチック・ケースに入れてみた [Operation]

 先日の移動用ソーラー電源で使うのに作った DC-DC コンバータをプラスチック・ケースに入れてみました。

ケースは100均で買ったものです。
これにケーブルが通る穴を開け、両面テープで基板を固定しました。
〔中の様子〕
DSC07427.JPG
〔外観〕
DSC07428.JPG

これで少し持ち運びが楽になりました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動用ソーラー電源を作ってみました [Operation]

 移動用にソーラー電源を作ってみました。

どこかでソーラーパネルで移動運用している写真を見かけたので作ってみました。
ソーラーパネルは移動で使う事を考え、モバイル・バッテリーの充電器を流用しています。
これです。
DSC07423.JPG
USB ポートは 5V2.4A × 2個あり、合計で 3.2A まで取れます。
容量的には 16W ですが、DC-DC コンバータの効率を 80% 程度として、12.8W 取れます。
CW QRP 機の効率を 50% とすると 6.4W 程度のパワーまで出せそうです。
KD1JV OM の ATS-4b なら動くのではないかと思っています。
DC-DC コンバータは aitendo のキットを使いました。
DSC07424.JPG
電源分配は Power Pole の分配機を考えています。
Power Pole は抜き差しが容易で、電流容量が高く取れるので便利です。
DSC07425.JPG
あとで百均で適当なケースを探して入れてみようと思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

局免許の更新が完了 [Operation]

 固定局の免許と移動局の免許更新が終わりました。

先日、審査終了となった固定局免許と移動局免許を関東総合通信局で頂いてきました。
平成32年2月5日までの固定局免許は現状の資格に合わせていただいており、今回はそこから平成37年2月4日までの局免許です。
固定局免許.jpg
移動局免許は平成31年6月9日までの局免許と平成36年6月9日までの局免許に FT-991AM を追加しました。
移動局免許.jpg
なので、430MHz 帯の出力が 50W に変更されました。
まぁ、V/UHF のアンテナと同軸ケーブルがしょぼいので、実際には 50W まで出した事はありません。
途中のケーブルとアンテナを温めるだけですから。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動局の免許と固定局の免許を受け取ってきました [Operation]

 昨日は九段に行って、移動局の免許と固定局の免許を受け取ってきました。

移動局の免許(抜粋)
移動する局-2.jpg
免許の有効期間が平成36年6月9日まで伸びました。

固定局の免許(抜粋)
固定局-2.jpg
こちらは従事者資格の変更なので、免許状の記載内容には変更がありません。
これで固定局の再免許申請を出す予定です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SOTABEAMS の PowerPole, Fused DC Connector Box にデジタル電圧計を追加しました [Operation]

 SOTABEAMS の PowerPole, Fused DC Connector Box にデジタル電圧計を追加しました。

こんな感じです。
DSC07185.JPG
このDC電源接続ボックスは移動運用で使う予定です。
移動運用時に、KX3とPX3を接続し、バッテリーと接続して使うつもりです。
こんな感じです。
DSC07186.JPG
この時、バッテリー電圧を常時確認できるので、安心して使えます。
DSC07187.JPG
KX3にも電源電圧のモニター機能はあるのですが、メニューから選ばないと確認できないので、こちらの方が便利かと。
これで移動時にもPX3が使えます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コールサイン・ハットとマグカップが届きました。 [Operation]

 コールサイン・ハットが傷んできたので、新しいものを発注しました。

今回はコールサインの付いたマグカップも一緒に頼んでいます。
これです。
DSC07183.JPG
DSC07184.JPG
これでコーヒーを飲んでいます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動局の再免許申請が審査終了になりました [Operation]

 移動局の再免許申請が審査終了になりました。

2日に申請し、12日に審査終了になりました。
1-移動局_審査終了.jpg
窓口受け取りにしているので、今度、九段まで行ってこようと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SOTABEAMS の PowerPole, Fused DC Connector Box ができました [Operation]

 SOTABEAMS の PowerPole, Fused DC Connector Box ができました。

メーカーの完成品写真より、ちょっと不揃いですが、こんな感じにできました。
DSC07154.JPG
また Powerpole を専用圧着工具でなく、エビ印の圧着工具でも付ける事ができました。
〔片側の圧着〕
DSC07156.JPG
〔圧着後の様子〕
DSC07158.JPG
〔ハウジングへ入れる〕
DSC07157.JPG
〔完成〕
DSC07164.JPG

今まで Powerpole の接続は半田付けしてきましたが、これからは圧着も活用していこうと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FT-991A の電源コードを作る [Operation]

 FT-991A の電源コードとして、4Pコネクタ付きのコードを購入し、フェライト・コアを入れ、端子として Powerpole を付けたものを作りました。

FT-991A に純正で付いてくる電源コードは末端処理が端子に巻き付けて固定するように加工されており、あまり使いやすくありません。そこで4Pコネクタ付きのコードを購入しました。このコードは5.5mmのコードを使用しており、電圧降下に有利です。しかし、Powerpole を付けるところは使い易さから2mmにしています。
4Pコネクタ
DSC07167.JPG
フェライト・コア
DSC07166.JPG
中継部
DSC07152.JPG
Powerpole
DSC07164.JPG
Powerpol を挿したところ
DSC07165.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動局の再免許申請手数料を電子納付しました [Operation]

 総務省からメールが届き、申請手数料の電子納付手続をするようにとの指示でした。

そこで、電波利用 電子申請・届出システム Lite にログインして電子納付のボタンをクリックしたら銀行名を聞かれて、銀行名を選ぶと銀行サイトにリダイレクトされ、そのままペイジーで電子納付まで行きました。
こんなところだけ、ちゃんと銀行と連携が取れているのね、と感心というか、呆れてしまいました。
こんなところより、もっと他のところを使い易くして欲しいと思ってしまいます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動局の再免許申請を電子申請で行いました [Operation]

 総務省の電子申請で移動局の再免許申請を行いました。

移動局免許.jpg
前回は気が付いたら直前だったので慌てて電子申請をしました。
これが紙の申請だったら間に合わなかったかもしれません。
今回は5ヶ月前の申請です。
月曜には1年先になりますが、固定局の再免許申請を出そうと思います。
受け取りは窓口での受け取りにしました。
たまに九段の辺りを歩くのも良いので。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電源分配器を Powerpole 版に変更 [Operation]

 電源分配器を先日入手した Powerpole 版に変更しました。

Powerpole はより安全に大電流の接続ができ、抜挿にかかる力も少なくて済むコネクション・システムです。
KAT100 の電源コネクタがこれなので、それに合わせました。
コネクタの接続
DSC06821.JPG
本来は圧着ですが、今回は半田付けで付けています。
DSC06822.JPG
金具はこの向きに差し込みます。
DSC06823.JPG
完成
今回は KAT100、KX3、PX3 の電源コネクタを Powerpole に変えました。
FT-897D、K2 の電源コネクタも変えるかは思案中です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JARL 雷事故補償保険 [Operation]

 今年から JARL が雷事故補償保険を始めたので、加入してみました。

DSC06785-M.jpg
タワーが建っている場合はそれなりに高額になるので、ちょっと考えてしまう金額になります。
でも、うちの場合、アンテナがルーフタワーで戸建てのため、保険金額がそれほど高額にはなりません。
今まで雷さんが鳴り始めるとヒヤヒヤドキドキの連続でした。
これは心臓に良くないので、最低限のルーフタワー、アンテナ、リグの構成で保険に加入してみました。
これで雷が鳴っても、落ちてみろ、リグが新しくなるぞ、と心の中で迎え撃っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DX Atlas、Band Master、IonoProbe をバージョンアップしました(連係動作の絵を追加) [Operation]

 無線用 PC を新しくしたので Afreet Software のサイトを見てみたら、DX Atlas、Band Master、IonoProbe のバージョンが上がっていたので、それぞれをアップデートしてみました。
※ DX Atlas と Band Master の連係動作の絵が抜けていたので追加しました。

〔DX Atlas〕
DXAtlas-1.jpg
DXAtlas-2.jpg

〔Band Master〕
BM_16.jpg

〔IonoProbe〕
IP_1.41.jpg

all.jpg
DX Atlas と Band Master、Omni-Rig を連動させると、Band Master でスポットされている局を見て、クリックすると Omni-Rig に繋がった K2 の周波数が設定され、DX Atlas 上で場所を確認できます。
この例では Band Master で 3B8XF をクリックすると K2 の周波数とモードが設定され、信号を確認できます。実際に 519 で受信できました。
Band Master では方位も表示されるのでアンテナ・ローテータをその方位に向けられます。
CAT の信号をうまく振り分ければ SteppIR のコントローラーも連動させられます。
それにはケーブル加工が必要ですけど。
取り敢えずこれで手動操作の部分はありますが、各ソフトとメイン・リグである K2 との連携まではできました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エレクトロデザインニュースに参考になる情報が出ていました [Operation]

 エレクトロデザインニュースに「新スプリアス規制と保証認定制度について」総務省通信基盤局にヒアリングした記事が出ていました。

こちらです。
http://edcjp.sblo.jp/article/182735093.html
参考になる事が多いです。
木下OM、どうも有り難うございます。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雛コンテスト [Operation]

 昨晩、間が開いてしまったけど、CW の練習をしようと FT-897 に電源を入れました。

その途端、2m CW で、CQ HINA TEST の信号が流れてきました。
あぁ、そうか、12時を過ぎて、今日は3月3日だ、とあらためて気付きました。
そう、今日は Japan Ladies Radio Society(略して JLRS)の 60 周年記念 第15回 JLRS 3・3雛コンテストの日でした。
しばらくワッチしていると、他にも CQ HINA TEST を出している局があります。
このコンテストでログを提出するには YL 局(女性オペレータの局)がないといけません。
ちょっと厳しいかなと思い、ワッチだけで CW の受信練習をさせていただきました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ARRL Handbook 2018 eBook のインストール [Operation]

 無線用 PC に ARRL Handbook 2018 eBook をインストールしました。

ARRL_Handbook_2018.jpg
この eBook 版には紙版には含まれていない各種の追加記事、サポート・ファイル、基板データ、Windows アプリが含まれています。LTspice のサンプルも入っています。
一部を抜粋すると
§ Chapter 12 Receiving
Supplemental Files
 ・Amateur Radio Equipment Development — An Historical Perspective by Joel Hallas, W1ZR
 ・SDR Simplified - Filter Design Program by Ray Mack, W5IFS
 ・SDR Simplified - Introduction to CIC Filters by Ray Mack, W5IFS
 ・SDR Simplified - More Filter Activities by Ray Mack, W5IFS
 ・SDR Simplified - Nyquist Meets Real World by Ray Mack, W5IFS
 ・Noise Power Ratio (NPR) Testing on HF Receivers by Adam Farson, VA7OJ/AB7OJ
 ・VHF and UHF Receivers and UHF and Microwave Techniques sections from previous editions of the ARRL Handbook.
 ・Performance Capability of Active Mixers by Dr Ulrich Rohde, N1UL
 ・Note: Selected Hands-On SDR: columns in QEX since 2014 by Scotty Cowling, WA2DFI are included in the Chapter 14 folder
Projects
 ・A Dual Band Low Noise Amplifier for 2 Meters and 70 Centimeters by Jim Kocsis, WA9PYH
 ・A High Performance 45 MHz IF Amplifier for an Up-Conversion HF/LF Receiver by Colin Horrabin, G3SBI
 ・A Long-wave Upconverter by Fred Brown, W6HPH
 ・A Software-Based Remote Receiver Solution by Martin Ewing, AA6E
 ・A Software Controlled Radio Preselector by J. Onate, MØWWA and X. de Fortuny
 ・All Mode 1 kHz to 1.7 GHz SDR Receiver by James Forkin, WA3TFS
 ・Binaural Receiver project by Rick Campbell, KK7B
 ・General Coverage Preselector by George Hirshfield, W5OZF
 ・Receiver projects from previous editions of the ARRL Handbook.
 ・Rock Bending Receiver PCB template by Randy Henderson, WI5W
 ・Simple SDR Receiver by Michael Hightower, KF6SJ
 ・10 GHz preamp PCB template by Zack Lau, W1VT
§ Chapter 13 Transmitting
Supplemental Articles and Columns
 ・Clean, Punchy, Competitive Contest Audio Without Splatter by Jim Brown, K9YC
 ・SDR: Simplified — Noise Reduction and Adaptive Filters by Ray Mack, W5IFS
 ・SDR: Simplified — Demystifying PID Control Loops by Ray Mack, W5IFS
HF Transmitter and Transceiver Projects
 ・Transmitter and transceiver projects from previous editions of the ARRL Handbook.
 ・The Tuna Tin 2 Today by Ed Hare, W1RFI
 ・The MicroT2 — A Compact Single-Band SSB Transmitter by Rick Campbell, KK7B
 ・The MkII — An Updated Universal QRP Transmitter by Wes Hayward, W7ZOI
 ・Designing and Building Transistor Linear Power Amplifiers Parts 1 and 2 by Rick Campbell, KK7B
 ・A Homebrew High Performance HF Transceiver — the HBR-2000 by Markus Hansen, VE7CA
 ・The Rockmite — A Simple Single-Band CW Transceiver by Dave Benson, K1SWL
 ・The TAK-40 SSB/CW Transceiver by Jim Veatch, WA2EUJ
 ・A Fast TR Switch by Jack Kuecken, KE2QJ
VHF/UHF Transmitter and Beacon Projects
 ・VHF Open Sources by Rick Campbell, KK7B – Article and parts placement
 ・A 50 MHz CW Beacon by Michael Sapp, WA3TTS
 ・VHF and UHF CW Beacons by Michael Sapp, WA3TTS
 ・A 2-Meter Transmitter for Fox Hunting by Mark Spencer, WA8SME
 ・Simple Frequency Doublers with High Performance by Paul Wade, W1GHZ
 ・A Microwave Transverter Controller by Hamish Kellock, OH2GAQ
 ・A West Coast Lightwave Project by S. McDonald, VE7SL, and M. Hansen, VE7CA
 ・The following related items are included with the Chapter 12 supplements.
 ・Amateur Radio Equipment Development — An Historical Perspective by Joel Hallas, W1ZR
 ・Selected SDR: Simplified columns in QEX by Ray Mack, W5IFS
§ Chapter 14 Transceiver Design Topics
Supplemental Articles
 ・SDR: Simplified — Demystifying PID Control Loops by Ray Mack, W5IFS
 ・SDR: Simplified — Step One Toward a Working SDR by Ray Mack, W5IFS
 ・Hands On SDR — Introduction by Scotty Cowling, WA2DFI
 ・Hands On SDR — FPGAs by Scotty Cowling, WA2DFI
 ・Hands On SDR — More on FPGAs by Scotty Cowling, WA2DFI
 ・Hands On SDR — Using FPGAs in SDR Designs by Scotty Cowling, WA2DFI
 ・Hands On SDR — Sharing Radios on the Network by Scotty Cowling, WA2DFI
 ・HF Receiver Testing by Adam Farson, AB7OJ/VE7OJ
Projects
 ・Digital Signal Processing and GNU Radio Companion by John Petrich, W7FU
 ・Digital Signal Processing (DSP) Projects: Examples of GNU Radio and
 ・GRC Functionality by John Petrich, W7FU, and Tom McDermott, N5EG
 ・Hardware Building Blocks for High Performance SDRs by Scotty Cowling, WA2DFI
 ・A Panadapter for Your Transceiver or Receiver by Jim Kocsis, WA9PYH
 ・Build Your Own IF SDR by Alex Schwarz, VE7DXW and Guy Roels, ON6MU
 ・SDR Panadapters – A Practical Guide by Ed Krome, K9EK
 Also see the Transmitting chapter online supplemental content for transmitter and transceiver projects from previous ARRL Handbooks.
など多数が含まれています。
PA では 250 W solid state amplifier なんていうのも基板情報付きであります。
250 W amp LPF & PA.jpg
中身が濃いですね。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017 ARRL periodicals on DVD [Operation]

 ARRL でディスカウントしていたので 2017 ARRL periodicals on DVD を買ってしまいました。

それが昨日届きました。
3966_0.png
https://www.arrl.org/shop/ARRL-Periodicals-DVD-2017
以前にも 2010 版と 2011 版を買っていたのですが、QST が Digital 版になってから買っていませんでした。
1年遅れですが、QEX も読めるので満足です。
QEX で面白いと思ったのは
・Automatic Tracking Filter for DDS Generator
 Reduce spurious responses from a digital synthesizer with this filter.
 コンパレータとロジック回路でフィルターバンクを切り替えています。
・Weatherproofing Experiment with PL-259 Connections
 Water seepage into the PL-259 connector is common, and can significantly degrade the electrical properties of the connection.
 実際に水に漬けて防水効果を調べています。その結果は実用的です。
・The Panoradio: A Modern Software Defined Radio with Direct Sampling
 This SDR captures up to 100 MHz bandwidth at once and provides an extra-wide panorama view seamlessly from dc to VHF, as well as direct sampling of the 70-cm band.
 430MHz の信号もアンダーサンプリング(アナログ的な感覚では周波数変換)で受信しています。
 信号処理には Xilinx の Zynq FPGA チップを使い、内蔵される Arm Core 9 で Linux で処理しています。すごい技術力です。
 http://www.panoradio-sdr.de/
 https://www.rtl-sdr.com/panoradio-tech-demo-direct-sampling-sdr/
 https://forums.xilinx.com/t5/Xcell-Daily-Blog/Panoradio-an-open-source-Zynq-based-direct-sampling-SDR-with/ba-p/806201
 https://www.youtube.com/watch?v=HICY3TYsp9Y
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

総務省、無線局監理に関する規制を緩和へ [Operation]

 月刊 FB ニュースによると、総務省の無線局監理に関する規制が緩和されるそうです。

総務省、無線局監理に関する規制を緩和へ
http://www.fbnews.jp/201801/news04/index.html
アマチュア無線家が関係するところでは
★無線局免許申請書の様式変更
 平成31年1月1日から様式が横書きから縦書きに変わります。
 局免印刷も対応されるのか気になります。
★無線局免許証票の廃止
 平成30年3月1日で廃止です。
 これは便利です。今まで小型の機器では貼るところに苦労しましたから。
★無線局免許状「掲示義務」が消滅
 平成30年3月1日で変更
 「常置場所に免許状を備え付けなくてはならない」という“備え付け条項”は残るそうです。
 移動時には念のため、局免を持って歩いていたのですが、不要になりますね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移動運用のアイデア2件 [Operation]

 Excel VBA のデバッグに疲れてネットをフラフラしてたらこんな移動運用スタイルを見つけました。

〔徒歩移動運用〕
1back2.jpg
https://www.ar15.com/forums/outdoors/-/22-671201/?page=1
A.L.I.C.E Pack Frame と Ammo Can は eBay で買えそう....

〔自転車移動運用〕
IMG_0887-600x448.jpg
http://www.bikingbrian.com/2013/12/08/mounting-a-ham-radio-antenna-on-a-bicycle/
これはアースがちょっと気になります....

暖かくなったら移動運用で考慮したいけど、日本では目立ちすぎかも....
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー