So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電源を考える (その4) [SWL]

 K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電源を考える、その4です。

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電源を考える (その3)
http://sdr-de-bcl.blog.so-net.ne.jp/2018-01-07-1
で紹介した aitendo の MT3608 を使った DC DC コンバータ・モジュールをテストしてみました。
結果、すごい良いです。
まず、出力電圧を調整するために負荷に 22kΩ の抵抗を付け、電源には安定化電源から 9V を供給しました。この時の効率です。
出力 24V、負荷 22kΩ、計算した電流値は 1.09mA、消費電力は 26.2mW。
入力 9V、入力電流値は 4.5mA、供給電力は 40.5mW。
効率は 26.2 / 40.5 = 64.7%
そこで DC DC コンバータ・モジュールを入れ替えて、動かしてみました。
DSC06708.JPG
9V の充電池を使って、電池電流が 4.5mA、電池電圧 9.04V でした。
前の DC DC コンバータの電池電流 108mA に比べて、20倍以上も改善されています。
ただし、出力電圧が仕様上、Up to 28V Output Voltage で実測では 26.8V 程度までしか上がりません。
なので出力電圧は 24V に設定しました。
これでも鴨居に付けた FM フィーダーアンテナ を繋いだら何とか TBS が受信できました。
同じように軽負荷時に pulse frequency modulation mode になる DC DC コンバータで出力電圧がもう少し高くまで許容できるものを探してみたいと思います。
当面はこれで動かしてみます。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりに海外短波放送を聞いてみた [SWL]

 今日は確定申告の資料を作りながら久しぶりに海外短波放送を聞いてみました。

使った機器は2つ。
一つは SteppIR + FT-897D、もう一つは外部アンテナ AN-12 を付けた ICF-SW7600GR です。
SteppIR はルーフタワーに載っていますが、AN-12 は窓の外の枠に取り付けた状態なので見通しが良くありません。
韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio、朝鮮の声/The Voice of Korea は、信号が強力なので ICF-SW7600GR の方が音質も良く、ノイズが少なく、聞きやすいです。
モンゴルの声/Voice of Mongolia は、FT-897D でしか受信できませんでした。これはアンテナの違いが大きく影響していると思います。SteppIR はアマチュア無線バンド以外でも同調させられ、アンテナの指向性を目的局に向けられます。
イランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語/IRIB も FT-897D でしか受信できませんでした。
割とフェージングの影響を受けていますが、結構強く入ってきました。
久しぶりに大圏地図で方角を確認しながら海外短波放送を聞いていると、その国を想像してしまいますね。韓国は行ったけど、モンゴルやイランは行ったことがないし、簡単には行けないですから。
たまに短波放送を聞くのも良いものです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit のアンテナを考える [SWL]

 K-201 One Tube Regenerative Radio Kit のアンテナにバー・アンテナを考えてみました。

本来なら再生コイルをバー・アンテナを使ったものに変えるべきでしょうが、手っ取り早く動かすために aitendo の 2-IC AM ラジオキット [K-7642-2822] を活用し、このラジオのバー・アンテナとポリバリコンを活用して複同調回路を作れないかなと考えています。
キットはこれです。
20151015_ee88db.jpg
http://www.aitendo.com/product/12283
単純にストレート・ラジオを作って聞いたらとも思いますが、そこは再生ラジオに着目してるという事で。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電源を考える (その3) [SWL]

 K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電源を考える、その3です。

昨日、aitendo で安い昇圧モジュールを見つけ、それに使われているスイッチング電源 IC MT3608 の仕様を見てみると、
・Automatic Pulse Frequency Modulation Mode at Light Loads
とあり、説明にも
The MT3608 features automatic shifting to pulse frequency modulation mode at light loads.
とあります。
これはもしかすると低負荷で使っている K-201 One Tube Regenerative Radio の DC DC converter の動作効率を改善できるかもしれません。で、買ってきました。
ものはこれです。
MT3608_20170313_d459ae.jpg
http://www.aitendo.com/product/15529
で、MT3608 の仕様はこれです。
http://aitendo3.sakura.ne.jp/aitendo_data/product_img/power/DC-DC/MT3608/MT3608.pdf
あとで実際の負荷を付けて効率を調べてみようと思います。
取り敢えず出力電圧は 24V 程度で様子を見てみようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電流測定(その2) [SWL]

 K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の B 電源設定を変えて電池の供給電流を測り直しました。

先日の測定であまりにも効率が悪かったので、ラジオ動作に影響しない範囲で供給電圧を絞り、その時の消費電流を測り直しました。
まず、出力電圧を 9V -> 36V を 9V -> 27V と電圧を4倍から3倍に変えてみました。
中波放送を聞きながら変えてみましたが、36V から 27V に変えても聞こえる音量にはほとんど差がありません。なので 27V で使う事にします。
この時の供給電流を測ると 108mA でした。前回よりもだいぶ減っています。
出力電力は 27V * 2.2mA = 59.4mW (※今回プレート電流は測っていないので前回値を流用)
入力電力は 9V * 108mA = 972mW
効率は 6.1% となりました。しかし、電流が半減したので使用時間は倍くらいに伸びるはずです。
もうちょっとプレート電圧を下げても再生動作はしそうなので、出力電圧を 20V 位まで下げてみても良いかもしれません。

スイッチングレギュレータの参考サイト
http://www.tij.co.jp/analog/jp/docs/analogsplash.tsp?contentId=146095
http://micro.rohm.com/jp/techweb/knowledge/dcdc/s-dcdc/02-s-dcdc/94
https://service.macnica.co.jp/library/109469
真空管の参考サイト
http://www.americanradiohistory.com/Archive-Catalogs/RCA/RCA-Recieving-Tubes-1950.pdf
1G4 の規格が載っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の電流測定 [SWL]

 K-201 One Tube Regenerative Radio Kit のプレート電流と電池の供給電流を測って見ました。

プレート電流は 2.2mA でした。やはりこんなものかと思います。
で、B 電源の元、DC-DC コンバータにつないでいる 006P 充電池からの供給電流はなんと 200mA も流れていました。
供給が 1720mW で取り出しが 72mW、効率 4.2% です。
あまり良くないだろうと思っていましたが、予想を超えています。
普通の 006P があっという間に無くなるのも納得できます。
今は充電池型の 006P を使っていますが、200mAh なので 1 時間しか使えません。(;o;)
もっと効率の良い DC-DC コンバータを作らないと実用的ではないですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K-201 One Tube Regenerative Radio Kit の作成 [SWL]

 K-201 One Tube Regenerative Radio Kit を作りました。

このキットは伊豆で行われた JARL QRP Club 懇親会のオークションで手に入れてきました。
このキットを欲しかった理由は、キットに入っているマグネチック・レシーバーが欲しかったのと以前に作った 4SQRP Club の Ozark Patrol と再生受信の機能を比べる為です。
Ozark Patrol での受信音はこちら(Ozark Patrol で短波放送を聞く)にあります。
Ozark Patrol の場合、聞いているうちにだんだんと調整がズレていき、その度に調整し直さないといけません。それが真空管の再生受信回路ではどうなのかを比較したいと考えていました。
〔完成形〕
完成写真がこれです。
DSC06599.JPG
〔受信音〕
その1

その2

こちらはいわゆる 0-V-0 なので、レシーバーにデジカメのマイクを向かい合わせに置いて録音しました。やはり真空管の方が再生がかかる範囲が広く、調整もしやすいです。あとは電池の持ちが心配ですけど。
※ 追記
やっぱり電池の持ちは悪いですね。006P があっという間になくなります。
並列動作か外部電源が必要そうです。
それと、さすがに電池管です。使っている 1G4 はヒーターの点燈も見えないし、触っても全然熱くありません。電池管を使うのは初めてなので新鮮な感覚です。

〔作っているところ〕
木のブレッドボードに部品位置のシールを貼ります。
DSC06590.JPG
バリコンと再生 VR を取り付けます。
DSC06593.JPG
コイルを巻きます。
DSC06594.JPG
抵抗とコンデンサを取り付け、配線をします。
DSC06595.JPG
で完成。
〔動作確認〕
動作確認にはグリッド・ディップ・メーターを使いました。
DSC06598.JPG
まず、コイルとバリコンの同調範囲を調べます。およそ 520kHz から 1550kHz まで同調します。
次に、電池と真空管を接続しておかしな電圧になっていないかを確認します。
B 電圧は、DC-DC コンバータで 36V になっています。
次に、グリッド・ディップ・メーターに変調をかけて、受信してみます。
これも同調範囲の最大、最小、中間で確認してみました。
いよいよアンテナを繋いで中波を聞いてみました。
AFN、TBS、ニッポン放送が聞こえました。無事、完成です。
〔おまけ〕
学生時代に買った半田がいよいよなくなりそうです。
DSC06596.JPG
DSC06597.JPG
ものは千住金属工業のものです。大学の時に秋葉原で買いました。かれこれ40年くらいかけて使った事になります。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

海外短波放送(日本語)リストを頂きました(英語名の抜けていたところを修正) [SWL]

 ローカルの OM さんから海外短波放送(日本語)リストを頂きました。

メモとして、データを転記させていただきます。 (英語名の抜けていたところを追加しました)
放送時間周波数(kHz)放送局名
0550-06505915, 7425イランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語/IRIB
0630-0730621, (3250), 7580, 9650朝鮮の声/The Voice of Korea
0700-07309840, 12020ベトナムの声/Radio The Voice of Vietnam
0700-08005985, 7440中国国際放送(北京放送)/China Radio International
0730-08309735台湾国際放送/Radio Taiwan International
0730-0830621, (3250), 7580, 9650朝鮮の声/The Voice of Korea
0800-0900 9435, 9695 中国国際放送(北京放送)/China Radio International
0830-0930 621, (3250), 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
1000-1100 9580 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
1000-1100 11710(火~土) RAE/Radiodifusion Argentina al Exterior
1100-1200 11810 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
1630-1730 621, (3250), 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
1700-1800 11605 台湾国際放送/Radio Taiwan International
1700-1800 6155, 7275 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
1730-1830 621, (3250), 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
1800-1900 6155 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
1830-1930 621, (3250), 6070, 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
1900-2000 7325, 9440 中国国際放送(北京放送)/China Radio International
1900-2000 6095 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
1930-2000 12035 モンゴルの声/Voice of Mongolia
1930-2030 621, (3250), 6070, 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
1950-2050 13830 イランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語/IRIB
2000-2030 9840, 12020 ベトナムの声/Radio The Voice of Vietnam
2000-2100 1044, 7260, 7325 中国国際放送(北京放送)/China Radio International
2000-2100 9735 台湾国際放送/Radio Taiwan International
2000-2100 1170 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
2000-2100 6060, 15345(月~金) RAE/Radiodifusion Argentina al Exterior
2030-2130 621, (3250), 6070, 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
2100-2130 9840, 12020 ベトナムの声/Radio The Voice of Vietnam
2100-2200 1044, 7260, 7325 中国国際放送(北京放送)/China Radio International
2100-2200 1170 韓国国際放送(ラジオ韓国)/ KBS World Radio
2100-2200 9525 インドネシアの声/The Voice Of Indonesia
2115-2145 7400(毎週日曜日) KTWR/フレンドシップラジオ(グァム)
2130-2230 621, (3250), 6070, 7580, 9650 朝鮮の声/The Voice of Korea
2130-2245 1566 FEBC(韓国済州島 HLAZ 送信)
2200-2215 9390 ラジオタイランド/Radio Thailand World Service
2200-2300 1044, 7325, 7410 中国国際放送(北京放送)/China Radio International
2200-2300 9735 台湾国際放送/Radio Taiwan International
2300-2330 9840, 12020 ベトナムの声/Radio The Voice of Vietnam
2300-2400 1044, 7325, 7410 中国国際放送(北京放送)/China Radio International
0000-0030 12015 モンゴルの声/Voice of Mongolia
0000-0100 1044, 5980, 7220 中国国際放送(北京放送)/China Radio International

※ 作者からのコメントです。
以上ですが、変更になっている可能性がありますので悪しからず!

再生受信機(Ozark Patrol)が壊れた [SWL]

 再生受信機(Ozark Patrol)が壊れました。

久しぶりに短波放送を聞いてみようと思い、アクティブ・アンテナの AN-12 を繋ごうとしたら机から落としてしまいました。
取り敢えず、目視チェックでは壊れたところは無そうなので電池を入れて電源を入れてみましたが、うんともすんとも言いません。
あちこち電圧を見ているとオーディオ段の出力トランスが断線しています。
落ちただけで断線するなよと思い、規格を見るとサンスイのトランジスター用トランスに似たものがありません。
1次側が 4kΩ、2次側が 20Ω というもので、ググってみましたが同様の物が見つかりません。
良く見るとセンタータップが出ていたので、ここの導通を見ると大丈夫です。
応急処置として、センタータップを出力段のトランジスタに繋いだら、音は出るようになりました。
出力段トランジスタの負荷インピーダンスが半分になるので、ゲインは落ちているでしょうけど、暫らくはこのまま使おうと思います。
あとでキット配布元の 4SQRP クラブに連絡して出力トランスを分けてもらえないか聞いてみるつもりです。
DSC06174.JPG
DSC06172.JPG

Ozark Patrol の周波数レンジを確認してみました [SWL]

 Agilent の SG、8648A を使って、Ozark Patrol の受信周波数範囲を確認してみました。

テスト方法は SG の信号を受けて、その時のメモリを見ています。
High レンジでは
周波数目盛り
4.730MHzMin.
5.000MHz5.3
5.500MHz6
6.000MHz6.4
7.000MHz7
8.000MHz7.7
9.000MHz8.2
10.000MHz9
12.000MHz11
12.9000MHzMax.


Low レンジでは
周波数目盛り
3.390MHzMin.
4.000MHz4.1
4.459MHzMax.


この結果からすると、High レンジは大体受信範囲とダイアルがオーバーラップしてますが、
Low レンジは受信範囲の方がダイアルよりも狭いですね。
コイルを変えずに容量で範囲を決めているのでこんなものかと。

Ozark Patrol の改善プラン (その2) [SWL]

 Ozark Patrol 改善プラン (その2)です。

何もしていないのですけど、サトー電気でパーツを買ってきました。
買ったのは
① 2SK125
② AFフィルターに使うトロイダル・コア
③ AFフィルターに使うコンデンサ2種類
④ 基板
⑤ マジック半田

コンデンサは NP コンと積層セラミック・コンです。
コイルを巻く線材は前に買ってあったものがあるはずなので買ってません。
巻き回数はインダクタンスを測りながら加減するつもりです。
DSC05398.JPG

Ozark Patrol 用 LC オーディオ・フィルターの検討 [SWL]

 出力トランスとスピーカーの間に入れる LC オーディオ・フィルターを LTspice でシミュレーションしてみました。

普通にπ型 LC フィルターの公式で計算するとコンデンサの値が E 系列で合いません。
そこで L は自由に作れるので、コンデンサは手に入るもので考えてみる事にしました。

① 積層セラミック・コンデンサ 4.7μF の場合
LC-filter.jpg

② NP コンデンサ 10μF の場合
LC-filter-2.jpg

コイルの巻き数が少なくて済む②を作ってみる事にします。

Ozark Patrol の改善プラン [SWL]

 Ozark Patrol の改善プランを考えました。

① アンテナ・トリマを付ける
これは撚り線を捩じっただけのコンデンサでは調整がやりにくいからです。

② RFアンプを付ける
CW や SSB を聞く場合は再生回路を発信させているので、その漏洩防止とボディー・エフェクトを軽減するためです。
回路は「改訂新版 定本トロイダル・コア活用百科」からです。

③ オーディオ・フィルターの追加
高音側で耳障りな音を軽減するためで、出力トランスの後に入れようと思います。
回路は「作りながら理解するラジオと電子回路」からです。

回路図はこんな感じです。
IMG_20150910_0002.jpg

できるのはいつかなぁ....

Ozark Patrol で短波放送を聞く [SWL]

 今日は短波放送を聞いてみました。

アンテナは 7MHz オプション付きの SteppIR です。

一つ目


二つ目


Ozark Patrol の特徴的な回路 [SWL]

 Ozark Patrol は、再生回路がかなり凝った回路になっています。

詳しくはこちらの回路図を見てください。

なんと、バンドスプレッドに整流用ダイオード 1N4001 をバリキャップとして使っています。
さらに再生回路は再生だけでなくレフレックス回路にもなっており、検波、低周波増幅も兼ねています。
そのため、回路が知恵の輪のような回路になっていて、すぐに理解するのは容易ではないです。
これをキットにして再現性良く作らせているのですから開発者の NM0S / David Cripe OM はすごいと思います。

Ozark Patrol の火入れと受信確認 [SWL]

 今日は Ozark Patrol の火入れと受信確認をしました。

① 火入れ
組み立てを再度、見直して電源・グランド間のショートがないかをテスターでチェック。
火入れ、煙は出ない。
マニュアルを見ながら、それぞれのトランジスタ各端子の電圧を測る。 最終段のトランジスタのコレクタ電圧が低いが出力トランスの直流抵抗分が大きいのかと思い、スルーして受信確認に入る。

② 受信確認
まず、グリッド・ディップ・メーターで Low バンドの下端を発信させ、受信できる事を確認。
周波数を上げて、上端でも受信できる事を確認。
今度は、High バンドで同じ事を確認。 こちはカバー範囲に 7MHz があるので、7MHz のダイアル位置があっているかも確認。
とりあえず、問題はなさそう。
次に、
アンテナをつないで受信確認
まず、7MHz CW

今度は SSB

次に短波方法


やはり、CW は何とかだけど、SSB の復調は結構難しい。
短波放送は電波が強い信号を受信したので、割と奇麗に入る。

いまさらながら実用性は短波放送の受信くらいしか使えないかもしれないけど、ダイアルを回すとほとんど無音の中から信号が出てくる時の気持ち良さがある。
これは再生受信機特有の感覚で、懐かしい。
でも、方式的に再生を強くかけると発信して、ノイズ源なんですよね。

Ozark Patrol を組み立てました [SWL]

 Ozark Patrol を組み立てました。

① 部品のチェック
大物はチェックだけで、小物は紙に貼って、値と番号を記載。
DSC05375.JPG

② 基板の配線
コイルを巻いて取り付けます。
DSC05378.JPG
抵抗とダイオードの配線
DSC05379.JPG
コンデンサの取り付け
DSC05380.JPG
トランジスタの取り付け
DSC05381.JPG
大物の取り付け
DSC05382.JPG

③ ベースの組み立て
木のベースにパネル、電池ボックス、アンテナ端子を取り付けます。
DSC05383.JPG
アンテナ端子の後ろで立っているのはアンテナとのカップリング・コンデンサとなる配線の捩りです。
つまみを付けるとラジオらしくなりました。
DSC05384.JPG

明日、時間があったら火入れと動作確認をしてみる予定です。
久しぶりにグリッド・ディップ・メーターも引っ張り出そう。 しばらく動かしていないので、ちゃんと動くか心配。
デリカの信頼性に期待です。

Ozark Patrol が届きました [SWL]

 本日、Ozark Patrol が届きました。

① パッケージ
箱を開けたところ
DSC05370.JPG
部品一式
DSC05371.JPG

② 基板
部品面
DSC05372.JPG
パネル面
DSC05373.JPG

③ 部品
DSC05374.JPG

パネルを取り付ける木のベースと電池ボックスも付いていました。

こんなものを買ってしまった [SWL]

 ふと思い立って Four States QRP Group のサイトを見たら、品切れになっていた Ozark Patrol, Simple Regen Receiver kit が We are pleased to announce that another run of kits is available for immediate shipment. Thank you for your patience and support. となっていたので、思わず注文してしまった。
ozarkpatrolproductionjpeg.jpg

このキットは、今年、FDIM に参加した際、NS5Z John さんに勧められたキットで、FDIM では品切れになっていました。 それがまた発売されていたので、思わずポチりました。

紹介動画がこちらにあります。
https://www.youtube.com/watch?v=lAhYvFikdHc
このキットの特徴は、そのプリント基板にあり、プリント基板がパネルを兼ねています。 部品はパネルの裏側に作られたパタンに実装するようになっており、"Pittsburg" style と呼ばれています。

あ~、TRX-305 も作成途中だし、K2 も作らないといけないのに、またこんなものを買ってしまった。
未作成のキットが積みあがっているし、Arduino で SWR 計を作る計画も延び延びだし。
部屋はどんどん散らかり、苦情が出ている。
なんとかせねば.... 心は千々に乱れる。

パタンを引きながら SDR-IQ で BCL してます [SWL]

 今日は Eagle でパタンを引きながら SDR-IQ で BCL してます。

BCL.jpg
夜9時ごろは15MHz帯でいろいろと聞こえていました。 局名にPhilippineとか、Indiaとか言っている放送もあります。 残念ながらそれ以上の情報を聞き取れませんでした。 意味は分かりませんが、いろいろな言語、音楽を聴いていると面白いですね。
SDR-IQ の周波数が 100Hz くらいずれており、キャリヤの山に合わせると周波数表示が xx.xxx.100Hzになります。